薄給の30代独身男。
その割には、楽しい人生。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
築地市場と提携!手頃な価格設定!カウンター体験を共有する“DMMオスーシー”。
9/8 Fri.

1年振りに出張へ。
昨年制作した某企業のリクルートサイトの
職員紹介頁に出ている職員さんが
一人辞めてしまったという事で
取材し直しになった為。
(↑ここまで昨年9/23日記のコピペ)
条件的に申し分のない職場だと思うんだけども
何故にこうも辞めていくんだろうか…闇を感じる。

今回の行き先はニセコ〜洞爺。
現地で昼飯を済ませて
13時にクライアントと合流。
今回は牧場で撮影をして
その後オフィスに移動してインタビュー。
今まで一番まともにインタビュー出来たかも。
あと、牛がめっさめさ可愛かった。
奇蹄目でも偶蹄目でも
俺は蹄のある動物なら全部好きなのかもしれない。

------------------------------------------------------

9/9 Sat.

昼から歯医者へ。
今回で歯石除去も終了。
この定期的なメンテナンスを続けている限り
もうあの悲惨な目に二度と遭わないと思うと、
歯医者とは今後とも良好な関係を築きたい。

※悲惨な目=極めて柔らかい食感の、
極ノーマルなドリアを食べていたら何故か歯が欠けた

その後、久保田夫妻と一緒に
かき氷の専門店「氷処さゆり」へ。
3年前に社員旅行で東京に行った時
一度だけ行った事があったけど、
その後札幌にも専門店が出来たと知って
前々から興味があった。
カウンター10席ほどの小さな店だけど
それでも常に10人ほどが並ぶ行列が絶えず、
人気のお店だという事が窺い知れる。
シロップはすべて手作りな為、
その都度オーダー出来るメニューは
変動があるらしい中、
俺はその中で目に留まった『かぼちゃ』を注文。
更にトッピングで小豆+白玉5個(かき氷と別皿)。
程なくして目の前に出てきた山盛りのかき氷。
かぼちゃのペーストが上に乗っかっている。

専門的のかき氷はとにかく氷がふんわり。
市販の削り器では絶対に出来ない
繊維質の氷が積み重ねられたかき氷。
だから口に入れるとふんわりしていて、
少し氷のシャリっとした食感もありつつ、
最終的にシュッと溶けて消える。この感じが堪らない。
かぼちゃの甘さと上質な氷のハーモニー。
少し冷えていたなと感じたら
程よく温い白玉で口直し。
遂には氷とかぼちゃと小豆と白玉のカルテットが
口内で素敵な調べを奏でる。
シ、シ、シンコペーションッ!!
(※あまりの美味さに思わず絶頂に達したと想像して下さい)

あっと言う間にかき氷は消えた。再訪したい。

------------------------------------------------------

9/10 Sun.

なんとなく週明けの仕事が
ヤバイ事になりそうな予感を感じ取ったので
予定も無かったし、
昼過ぎから会社へ行って
幾らか仕事を片付けておく事に。
休日出勤は雑音もなく
電話も鳴らない中で
一人でのほほんと仕事できるのが
(ほぼ唯一にして最高の)利点。

そんな訳でのほほんと仕事していたら
夕方ごろに出張帰りの上司が
2人来てしまったので、
まるで休日出勤感のない
いつもと何ら変わりのない勤務風景に。
「土日ぐらい会社に来ないで休めよ!」
と一瞬思ったけど、
それはそっくりそのまま
俺に返ってくる言葉だった。

だから、少し早めに切り上げて退社。
今週1週間は個人的に山場。頑張る。

------------------------------------------------------


いつになったら仕事が落ち着くのかね。
このまま一生落ち着かないかも。
ははは。

そんな訳でして。

カラオケ1500曲完唱への道170

[日時] 2017/9/7(木) 22:00-24:00

[人数] 1人

[歌唱曲] 20曲
1.Liberty&Gravity/くるり
2.Numb/Linkin Park
3.モンタージュ/槇原敬之
4.フロントメモリー/神聖かまってちゃん
5.それでは、また明日(9)/ASIAN KUNG-FU GENERATION
6.STAY/SMAP
7.STAY AWAY(3)/L’Arc-en-Ciel
8.ねぇ(7)/Perfume
9.Billie Jean(3)/Michael Jackson
10.Let's ダバダバ(4)/POLYSICS
11.星屑のステージ(3)/チェッカーズ
12.fiction escape(7)/KEYTALK
13.キャッチーを科学する(12)/アルカラ
14.雨(3)/三善英史
15.FLY AGAIN(8)/MAN WITH A MISSION
16.風に吹かれて(5)/エレファントカシマシ
17.Mustang A Go Go!!!(2)/Dragon Ash
18.素直/槇原敬之
19.Marry Me(4)/ELLEGARDEN
20.きっと大丈夫(3)/嵐

[備考]
●久しぶりのヒトカラで
 覚えたての未歌唱曲を大量投下。
 リンキンパークで早めに喉潰れてgdgd.
●DAMの分析採点がもうどうやっても
 良い点とれなくて諦めモード。
 誰か高得点をとるコツ教えて!(出来れば美人

【累計歌唱曲数】1376曲(のべ3050曲)
ホースピタルで会いましょう。

9/2 Sat.

今期最後の札幌競馬場参戦。今年3回目。
毎年3回ぐらい行くペースで固まってきたな。

来場ポイント抽選で当たる
末等のクリアファイル(アンバーシャダイ)と
ゴールドシップ抽選会の参加賞で貰える
ゴールドシップのクリアファイルをGET。
馬券はGETならず。無念...
最近、予想精度が鈍ってきているので
秋のG1まで少し馬券買うのは控えようかね。

その後、久保田夫妻+ダイスケさんと
「しゃぶしゃぶ温野菜」で晩飯。
初めて温野菜に行ったけど、
肉もサイドメニューも種類が多くて楽しかった。
ただ、ブラックバイト訴訟の報道を
散々見続けてきていたから
行く気になれなかったのも事実。

人件費をケチって労働者をこき使う事で
サービスを向上させる事しか出来ない企業は屑。
消費者としては良い事なんだけどね。
でも、そういう企業に金払って
応援する気にはなれないな。
歳とると偏屈になるってのは、こういう事か。笑

その後「なかすっ娘」という
居酒屋で軽く二次会。
ここも安価で良い店だった。
看板に描かれている3人の女の子のイラストが
荒井清和っぽいなと思った。
(↑ファミ通のクロスレビューで編集者の似顔絵描いてる人)

---------------------------------------------------

9/3 Sun.

夕方から扁桃腺の摘出手術で入院している
トモ君のお見舞いに行った。
思ったよりも元気そうで
そして病院が思ったよりも綺麗で驚いた。
同じく見舞いに来ていた太くんと
何故か「ときメモ」の話で盛り上がった。
で、何故か「どうでしょう」のDVDを3人で観て
面会時間ギリギリまで喋っていた。
お見舞いというよりは、別宅に遊びに行った感じ。

母や姉はどちらかと言うと
怪我・病気がちなのに対して、
俺は何故だか頑丈に生まれてきたおかげで
これまで入院歴が無い。
物心つく前に一度だけ
入院した事はあったらしいけど何せ記憶が無い。
そう考えると不本意だけど
身体に関しては親父に似たのかもしれないな。
このまま大怪我もなく大病も患わずに
生きていきたい。それが一番の夢かも。

---------------------------------------------------

あ、そういえば土曜の夜に
久し振りにDVD借りてきて映画を観た。
『12人の優しい日本人』という
三谷幸喜脚本の法廷劇を映画化したもので、
日本で実際に裁判員制度が実施される20年くらい前に
「もし日本に陪審員制度があったら?」という設定で
話が繰り広げられていくというもの。
どこでこの存在を知ったか忘れたけど
概要だけでもう面白いと思ったので観てみた。

どうしても演劇が映画化になると
ワンシチュエーションになるので
そこで飽きてしまう人もいるかもしれないけど、
俺はそこまで気にならなかった。
むしろ『THE有頂天ホテル』を観た時に感じた
「豪華な役者陣の無駄遣い」が無くて
三谷幸喜の巧さを存分に堪能できるつくりで良かった。
その証拠に、登場人物12人(+看守とピザの宅配員)全員に
役名が無い。ここが個人的には画期的に感じた。
(まだ売れる前の豊川悦司が出演しているものの)
今の三谷作品に比べたら、
そこまで有名な俳優が起用されている訳でもない。
それでいて一人ひとりちゃんとキャラが立っているから
誰も存在感を消す事なく話に組み込まれているし、
もしかしたら今まで観た三谷作品で一番好きかもしれない。

こうなると元ネタになっている
『十二人の怒れる男』も観てみたいし、
同じワンシチュエーション映画の『キサラギ』も観たい。
場面が変わらない分、脚本の出来の比重が大きいから
好みなんじゃないかと思う。沸き上がる映画欲。

---------------------------------------------------

ぬるりと9月に突入。
色々とやりたい事はあるけど
仕事がまだ忙しすぎるので、
まずは粛々と勤労に励む。


そんな訳でして。


今年の夏も小樽で歌い、最後に急にボソボソ。

何とか今期も無事に
昇給する事ができました(挨拶

最近の殺人的な忙しさを思えば
当然だとも思えるけど、
メインクライアントの仕事が
不景気の煽りで縮小傾向にあったりと
決して順風満帆ではないので、
職種的な事も考慮すると
厳しいかなと思っていただけに一安心。

あとは、この多忙極まれる生活が
いつ落ち着くか...

------------------------------------------

そんな最中、昨日は小樽へ行き
千縁小札でLiveをしてきた。
毎年出演させてもらっている
北運河サウンドエナジー。
今年で4年連続4回目の出演らしい。
バンドの活動歴がそのまま出演歴になるので
4年も続いているのかと思うと感慨もひとしお。

大体いつも出番は夕方頃なので
お昼ごろに小樽に前乗りして
どこかでご飯を食べるのも恒例に。
今年はマリン広場で
ローカルフードチャレンジという
後志のグルメ出店イベントが催されていたので、
そこに行ってみる事に。



数多ある美味いものからチョイスしたのが
八百屋さんのごろごろ野菜カレー。
ルスツ産インカのめざめ、余市産ズッキーニ、
ニセコ産くりりんかぼちゃ、洞爺湖産コリンキー、余市産トマトベリー、
赤井川・仁木・積丹産パプリカ、ルスツ産インゲンと
仁木産きたくりん+後志産ブレンド白米のカレー。
こんなのが普通にイベントの出店で食えるんだから
北海道はホント良い街だと思う。
普通のカレールーだったけど、
それが逆に野菜を味わうには好都合だった。美味。

そして、たまたまステージイベントで
おがわとーるさんのライブを偶然観れてしまった。
この方がメンバーとして参加していた
伝説のアカペラグループ『Umbaba-HOBEPPA』は
同期の中で語り草になっている。
調べたら、デビューファイナルライブが2003年だったのか。
俺もアカペラもうやっていた頃だけど
Juggling Crewがアホみたいに忙しくて
あんまりヒトのLiveを
観に行ってる場合じゃなかったからな。
4日連続ライブとかやってた頃。
今そんなに歌ったら、のどちんこ遠くに飛んでくわ。

そんな嬉しい偶然にテンション上げつつ
ライブ会場の運河公園へ。
20分ほど押していたので余裕こいていたら
前の出番のバンドが都合で出演時間を遅める為、
繰り上げで俺らの出番は早くなる事に。
結果ほぼオンタイム。
ただ、こっちもメンバー全員が揃ったのがギリギリで
4人集まって30分位でもうステージへ。笑
以下セットリスト。

1.きらめきの花/Nothing's Carved In Stone Cover
2.間もなくフィクション/プルモライト Cover [NEW!!]
3.Wherever you are/ONE OK ROCK Cover
4.暁/CIVILIAN

遂にプルモライトのカバーを初おろし。
キー♭4というカラオケみたいな調整をしてもらって
何とかかんとか歌い切れた。
こういう北海道ローカルバンドのカバーは
またやりたいな。良い曲が見つかればの話だけど。
あと、『暁』は結構久しぶりにライブに掛けた気がする。
前に歌った時はまだCIVILIANじゃなくて
Lyu:Lyuの頃だからね。バンドも改名するぐらい時は流れたと。

今年は仕事が忙しいおかげで
歌い込み不足を日々実感するけど、
それを考慮したら
まぁ良い出来だったんじゃないかな。
出番後、ひとりでボーッとしてたら
見知らぬおばちゃんに
「良い声してますねぇ」的な事を言われたので
とりあえず御礼を言っておいた。
ただ、俺は歌は美味いかもしれないけど
声は良くはないぞ。寝起きなんて
洗ってない絵筆みたいにボッソボソの声だぞ。
覚えとけぇ。(花香よしあきの小栗旬のモノマネ声で

------------------------------------------


ボソんなボソでしてボソボソ。




たまには写真に頼らない、ベーシックなブログを綴ってみる。

8/19 Sat.

日付を書いてはみたものの
この日は特に何もしなかった。
木曜の仕事が朝5時までかかって
それで完全に生活リズムが狂い、
金曜も半分呆けた状態で仕事して
帰宅したら綺麗に寝落ちしてた。
電気点けっぱなしで
スマホのアラームもセットしてないどころか
マナーモード解除してない状態のやつ。

最近、結構仕事がヤバイ。
忙しい事それ自体よりも、
会社全体が忙しさに麻痺している感覚がヤバイ。
多分みんな余裕が無いんだろう。
仕事量はむしろ増えてるのに
人手が足りなくなっちゃったからね。
まだ休日が確保できてるから大丈夫だけど、
土日祝も食われ始めてきたら
流石にちょっと考えるか。色々。ね。

いつも言ってるけど、
身体壊してまで続けるべき
仕事なんてこの世に無いから。

一過性の多忙である事を祈る。

-------------------------------------------------------

8/20 Sun.

日中は一人で札幌競馬場へ。
メインは札幌記念G2。
昨年のモーリス参戦に比べたら
今年はやや地味なメンバー構成だったけど
それでも来場者は多かった。

今日は新聞も買わずに
のんびりモードで行こうと決めていたので、
牛めし食って、町村農場のソフト食って、
売店でゴールドシップがプリントされた
特別仕様のペットボトル緑茶を買って、
パドックで馬を眺めて、iPhoneで写真撮って、
表彰式のプレゼンターで来ていた
柳楽優弥の愛想の良さに感心して、
最終レースで4コーナー前に張り込んでみたけど
流石にiPhoneカメラじゃ
ロクな写真撮れない事を思い知らされて、
そんな感じでのんびり過ごした。
一応、少頭数だった第10Rだけ予想してたので
それだけ馬券を買ったら的中。
一番安い配当の決着だったので
大して儲からなかったけど。
プラスで終われただけ良しとしようか。
(波乱含みの決着だっらた札幌記念の馬券を
 購入しなかったのも結果的に良いジャッジだった)

シャトルバスで駅前まで移動して
イオンで少し時間を潰し、
夕方から千縁小札の練習があったので
桑園から札幌駅をスルーして苗穂へ。
来週のライブに向けての最終練習。
ちょっと競馬場で歩き過ぎたせいか
立っていると脚がしんどかった。
先週ライジングで2日間鍛えたばっかなのに。
嗚呼、衰えゆく我が肉体よ。
でも腹回りだけはすこぶる衰えない。
皮下脂肪は生涯現役。

-------------------------------------------------------

そして、また明日から
5日間の激務に耐える日々が
始まるのでした。
ちゃんちゃん。

そんな訳でして。

カラオケ1500曲完唱への道168+169
[日時] 2017/7/30(日) 20:30-22:30頃

[人数] 6人

[歌唱曲] 5曲
1.I Want It That Way(4)/Backstreet Boys
2.伝わりますか/ASKA
3.TOKAKUKA/秋山竜次
4.I Love you,SAYONARA(3)/チェッカーズ
5.能動的三分間/東京事変

------------------------------------------------------------------

[日時] 2017/8/14(月) 19:00-23:30

[人数] 3人

[歌唱曲] 9曲
1.ロックンロール(5)/くるり
2.うれしい!たのしい!大好き!(3)/DREAMS COME TRUE
3.JOY(6)/YUKI
4.恋(4)/星野源
5.砂時計のくびれた場所(2)/CHAGE&ASKA
6.ultra soul(2)/B'z
7.潮騒のメモリー(5)/天野春子(小泉今日子)
8.社会の窓(3)/クリープハイプ
9.勝手にしやがれ/TAK MATSUMOTO featuring 稲葉浩志

[備考]
●JOYSOUND2連発。MAX2を初体験。
 ハイレゾ音源になって音質が良くなったらしい。
 体感ではあんまりよく分からなかったけど。
●女声曲のキー下げ適正を探り中。
 大体♭4で丁度良いけど、ドリカムは♭5、事変は♭2で。
 拘るのは悪い事じゃないけど、そんな細かい設定忘れそう。笑

【累計歌唱曲数】1370曲(のべ3030曲)
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZOと、カートの死後23年を経てカートが死亡し、ロシアンたこ焼きで俺も死にかけた話。
【8/11 Fri.】


[5:00?] 集合
今年のメンバーは総勢5名。
俺・高橋さん・ハムさんのオリジナルメンバー3名と
昨年に引き続き神長さん・トモ君。
哲也が今年は不参加の為、
穏やかなRSRになるかと思っていたが
予報では強雨の予報。今年も何か波乱が起きそうだ。

買出しは今年も事前に済ませ、
更に入場券・駐車券が全種売切れという状態を踏まえ、
高橋キャプが「今年は5時集合にしよう!」と提案。
並々ならぬ気合を感じ、今年は過去最高の入場を
完遂できるのではないかと思った俺が浅はかだった。

5時段階で塩谷宅に居たのは、俺とトモ君のみ。笑
20分遅れで高橋・神長組が到着。
更に、財布を忘れて一旦家に戻ったハムさんが
およそ1時間遅れで到着。
結果、昨年と変わらず6時に家を出る。
高橋キャプが「今年は軍隊並みに厳しく行くぞ!」と
謎の宣言をしていた。ナチュラルに20分遅刻したくせに。


[8:00] 会場入り
会場近くのセコマで
朝飯やら会場待ちの時の飲み物を買って
会場内駐車場へ。入口手前の行列で待ちはしたものの
セコマから30分掛からない位で駐車場に入れたはず。
昨年は荷物が大量だった(しかも過半数はRSC食材)上に
1回で全部を持って行こうとして無駄に疲れたので、
今年はカート2台にとりあえず詰めるだけの荷物を積んで
あとはテント・タープ設営の間に
もう一度運び出しをしようという作戦になった。
そして、テントサイトを押さえる隠密を俺がやる事に。
腕力は無いが瞬発力と敏捷性なら
ちょっとある俺に適任。(ちょっとかい


まだ平和だった開場前の様子。自撮りって難しいね。
何かに取り憑かれたように
自撮りばっかり撮ってupしている
女の子の撮影技術ってなにげに凄いと思う。


[10:00] 開場
10時と共に動き出す行列。ここで隠密は動き出す。
間隙を縫い、あたかも行列の遥か前に
友達を待たせている人のように一人前進。
人にちょっとぶつかる度に「すいません」と連呼。
一生分の「すいません」を言った気がする。
その甲斐もあって、結構早めに
テントサイト区画申込みに辿り着く。
事前に決めていた希望区画も押さえる事が出来た。完璧。
しかし、待てど暮らせど荷物を持った4人が現れない。
暫くして俺の目に飛び込んできたのはカート1台と3人。
トモ君とカートもう1台は何処へ?
聞けば、カートの車輪が重さでひしゃげてしまい
立ち往生してしまったと言うではないか。
そこで荷物番としてトモ君を置いて
残り3人でまず入場してきたという。
積載量の限界は想定外だった。
今年もやはり波乱は起きた(結構早めに)。

まずテントサイトに荷物を起き、
高橋さんを残した3人でカートの救出に向かう。
今年は入場者数が多かったのもあって
開場すぐは再入場ゲートが封鎖されていた為、
それを待ってトモ君の所に。


初めて見るカートの惨状。
脚がもうポッキリ逝っている。
もしもサイリュームだったら、
こんだけ折られてたら
とうに光っていた事だろう。

後輪2駆はまだ正常だったので、
前輪をやや浮かす形でどうにか運び出す。
ただ、帰りに大量の荷物を再び載せて
使うというような事はもう望めず、
かと言って1台のカートでの運び出しは
効率が悪すぎるので、
コールマンブースで新しいカートを新調。
そして、結局3往復で荷物は全部運び終わり。


[12:00] 設営・乾杯
少し休憩を挟んだ後、テントを組み立て
タープを組んで焼き場もつくり、
ビアサーバーもGoogle先生を頼りに組み立て
一通りテントサイトは完成。
そして、まずは恒例の乾杯。
今年はここに辿り着くまで長かった。。


生憎の空模様だけど、ビールは美味い。
(但し、4口目ぐらいから感覚が
 通常の不味いビールに戻る)


[15:00] チャラン・ポ・ランタン
乾杯して少し経った頃には
14時を回っていたので、
トモ君と急いでRED STAR FIELDへ。
今年の1発目は4年振りの
ライジング出演となるチャランポ。

4年前、BOHEMIAN GARDENで
初めて彼女達を観た俺は衝撃を受けた。
チャラン・ポ・ランタンという存在を知ったからこそ
RSRというフェスの魅力を知る事が出来て
更に彼女達の凄さにも触れられたのだから。

その翌年メジャーレーベルに移籍してからは
毎年JOIN ALIVEに出演していたので
「あぁ結局avexはMount Aliveの犬なんだなぁ...」と
諦めていた矢先のライジング出演発表。これは驚いた。
この4年でかなり売れて、ファンも相当増えて、
何回りも大きくなった彼女達を再び
ライジングで観られるというだけでもう満足だった。

最前列をキープし、OPのスタッフ挨拶も見届け
いよいよライブスタート。
楽器隊によるインスト『CARAVAN』明けで
ももちゃん登場からの『忘れられない物語』で開始。
『71億ピースのパズルゲーム』
『進め、たまに逃げても』と来て
4曲目に『恋とマシンガン』!
フリッパーズなき今、
この曲をライジングで聴けた事にグッと来た。
新曲『憧れになりたくて』を披露し
そこから『ソトデナイ』『ワーカホリック』
『ムスタファ』と盛り上がるしかない曲の畳み掛け。
ラストは撮影OKの『愛の讃歌』で〆。


ほぼ実際の俺の視覚はこんな感じ。
視界を遮るものは(3連スポットライト以外)何も無い。


ももちゃんの貫禄。
小春嬢は今回前に出てこなかったので
ほとんど写真撮れず。うつみ宮土理め。

気づけば隣のトモ君は泣いていた。
本当にそれぐらい圧巻のステージングだった。
願わくば2年に1回くらい
ライジングに出てくれ。頼む。


[16:00] 清水ミチコ(後半のみ)

チャランポの余韻に浸る間もなく
RAINBOW SHANGRI-LAへダッシュ。
横から中央へ進出し、ミッちゃんのライブを観る。
アーティスト作曲法と一人フェスメドレーと
昨年末に観たライブの出し物と同じ構成。
普段のライブとでは明らかにファン層は違うが
それでも流石ベテランの手腕で笑いを取っていた。
やっぱりミスチル作曲法は鉄板ネタだよね。
でも、コアなファンは殆どいなかったみたいで
“ダンダン!”の所で合わせて手を付けていたのは
俺ぐらいだったと思う。笑
金曜も小雨がパラパラ降っていたので
雨宿りがてらここを選んで人もいたと思うけど
そういう人でも予想以上に楽しめるみたいな
芸当をやってのける所がミッちゃんの真骨頂でしょう。
角度的にスクリーンの字幕がほぼ見えなくて
作曲法の面白味がやや薄れてしまったけど、
それでもライジングのステージで観れて良かった。


[17:00] B'z
初日のお目当てだった2組を終えて
既にやりきった感が半端なかったが、
テントで焼肉を嗜んていると
今年最大の目玉とも言えるB'zのライブが始まる。
注目の1曲目は...『さまよえる蒼い弾丸』!?
この曲、個人的にB'zの曲の中でかなり好きな部類に入るが
シングル曲の割に知名度が低くて
カラオケで歌っても大体ポカンとされる。
だから、イントロ掛かった時にはかなり面食らった。

その後も『Liar!Liar!』とか『裸足の女神』とか
セールスピーク期のシングルを惜しげなく披露。
これは近くで聴きたいと思い、
SUN STAGE左手後方まで移動。
仕事で来ていた塩田さんにも挨拶し、
その後はB'zの姿を拝みながら鑑賞。
流石に稲葉さんは長袖長ズボンだったかと
謎にガッカリしつつ、
いつ来るかいつ来るかと待ちわびていたら
やはりオーラスだった『ultra soul』。
この時だけ行ける限り前方へ移動し、
全力で最後の“Hey!”を言ってきた。
注文していたレモンサワーが
ようやく運ばれてきて
待ちわびたあまり
ありったけの腕力とパワーで
レモンをぎゅーっと搾ったような感覚。(喩えが独特

しかし、とても52歳と56歳のステージングとは思えない。
日本のJ-POP史に確実に
名を刻む程のアーティストを
生で観られたのは貴重な体験だった。
そりゃチケットも完売するわなぁ。


[18:00] 散策・バッジ etc
B'z終わりにアンケートブースに行って
回答協力の代わりに引けるグッズ抽選をやって
いつも通りステッカーを貰おうと思ったら
今年は末等じゃなく中途半端に当たりを引き当て
スタンドジャーパックとやらを貰った。
...お洒落に言ってるけど、
収容能力の低いジップロックじゃねぇか!
来年はちゃんとステッカーを引けますように。
当たるなら特賞であれ。

その後ゆりえちゃんと合流し、
UVERworldが始まる前まで話していた。
ゆりえちゃんを見送った後は
テントに5人全員が揃ったので、
今年密かに準備していたタコ焼きセットを
いよいよ使おうかという話になったが、
ハムさんが卵を忘れてきたらしく
タコ焼きは翌日に持ち越しに。
卵が無いと気づいた瞬間、激怒する高橋キャプと
狸寝入りかマジ寝か分からないが
ともかく寝ていたハムさんの構図が面白かった。


そんなハムさん渾身の力作『石仮面』。
ジョジョ好きな人は垂涎の逸品。
これ過去のハム作品でも1番だと思う。

この辺りで既に体力はかなり削られていて
テントで大半を過ごしていたけど
この空き時間を利用しようと思い、
恒例のガチャガチャブースでバッジ購入。
今年はあまり引きが良くない上に
レートがいつもより渋め。
翌日も粘ってみたけど、
ホルモンとユニコーンはどうしても手に入らなかった...
でも、俺がユニコーン探している様子を見ていた
男の子が「あそこでさっきユニコーンあげてたよ」って
教えてくれたり、ダブリを別のものに
交換してくれるトレーダーがいたり、
なんだかんだ毎年あそこでの交流が楽しかったり。


[21:50] Nothing's Carved In Stone
気づけばB'zから3時間以上ウダウダと過ごし、
レキシもテントで聴いていた俺が
ようやく観に行ったのがNCIS。
バンドで最近カバーしてるのもあるけど
ざっと聴いた限りでは
the HIATUSよりも好きな感じだったので
ライブ全編通して聴いてみたくなった。

いやー、やっぱり格好良いなぁ。
俺の中では9mmとかアルカラとかの並びに入る感じで
バンドとしての佇まいとサウンドメイクが
とにかく格好良い印象、とでも言うべきか。
感覚的な嗜好の問題なので形容しづらい。笑
あと、バンドでカバーしている
『きらめきの花』も演ってくれたのが嬉しかった。
ボーカル的にはCD音源とさして歌い方変わらないので
参考にはならなかったけど←
単純にこの曲好きなので。えぇ。


[24:00] 帰宅
当初の予定ではFNSを観て
ミッドナイトバスで帰るつもりだったが、
あらとさんが送っていってくれると言うので
雨足が強くなって帰りが酷くなる事も考慮し、
お言葉に甘えて乗せていってもらう事にした。
ただ、あらとさんはBOHEMIANの
かまやつトリビュートを観て帰ると言っていたので、
FNSは観ずにかまやつを観る事に変更。
ところが、かまやつ24時・FNS25時スタートだと思っていて
テントでウダウダしていたら
かまやつ23時・FNS24時スタートの間違いだと気づく。
その頃にはもう24時近くを回っていたので
仕方なくテントであらとさんの帰りを待つ事に。

そして、あらとさんの車に同乗させてもらい
1時過ぎには自宅に到着。
あらとさんと二人で落ち着いて話す機会が
そういえば初めてだったなと思い、
色々と聞いてみた。
やっぱり聖人君子の様な人だと再認識。

それにしてもシャワー浴びて
明日の支度して2時に就寝って
過去最高に健康的なライジングじゃなかろうか。


--------------------------------------------------


【8/12 Sat.】


[10:00] 送迎〜買い出し
今年ビアサーバー用の板氷を
事前に作っていくという作戦を決行。
一人暮らしに不釣り合いな
大容量のウチの冷蔵庫で保管していた
自作の氷を持っていく為、
テントメンバーが銭湯を出た後に
ウチまで迎えに来てくれる事になった。

故に、今年はかなり余裕があった。
8時すぎに起きて、
近所のコンビニまで朝飯の買い出しに行き、
ホルモンDVDを観ながらそれを食べて待つ。
10時過ぎに到着して氷をクーラーボックスに詰め、
昼イチのライブを観たい組が直行で会場へ戻り、
残った俺と高橋さんで追加の買い出しへ行った。
思えば(酔っ払ってなくて眠気も無い)
高橋さんとサシで話すのも初めてで
この時に結構色んな話をしたな。新鮮だった。


[14:00] 悪夢のタコ焼き
トライアルで買い出しを終えたのが13時頃で
そこから会場に戻って支度をしていたら、
SHISHAMO終わりのトモ君や
フレデリック終わりの神長さんも戻ってきて
フルメンバーでタコ焼きをする事に。

無事に卵も買ってきたので、
粉と水と卵を混ぜ合わせて
タコと揚げ玉と紅生姜を散らして焼き上げたら
ソースと鰹節とマヨネーズをかけて完成。
炭の火力でも問題なく焼けた。
家で作る時と遜色ない出来上がりで
大層喜んでもらえて俺も上機嫌だった。


そう、この時までは・・・。

その後、高橋が(※何故急に呼び捨てになったかは察して下さい)
事前の買い出しの頃から執拗にやりたがっていた
ロシアンタコ焼きを実行する事になった。
一つだけタコも入れず
チューブ1/3位の量のワサビを入れ、
後は普通に焼き上げる。
ソースとマヨネーズをかけてしまえば
見た目は案外わからなくなる。
順繰りに食べていって誰に当たるか。
俺の番になり、1個を手に取ると
確実に緑色の部分が見えてしまった。
・・・引き当てたか。
致し方ないので口に放り込む。
3、4回ほど咀嚼した所で鼻に激痛が走る。
一瞬治まったかと思えば、
再度天まで突き抜けるほどの痛みが襲う。
もうこれは一気に飲み込んでしまった方が良いと思い、
胃に流し込んでしまった。これが駄目だった。

その数分後から襲ってくるのは吐き気。
胃に大量の刺激物が流入してきたからだろう。
お茶を飲んでも飲んでも気持ち悪さが抜けない。
一気にテンションが下がったのだけは覚えている。


[15:30] F-BLOOD
ただ、RAINBOWでF-BLOODのライブが
始まる時間が迫っていた為、
一人でテントを飛び出してステージへ。
吐き気と具合悪さで朦朧としながらも
そこそこ良い位置をとる事が出来た。
少しずつ霧が晴れていくように具合の悪さも解消していき、
サウンドチェックが終わって
本番直前にはようやく吐き気は消えていた。
(ただ、今度は腹の具合がおかしくなったが)

そして藤井兄弟が登場。
チェックの半袖で色違いのペアルック。
流石チェッカーズ。
のっけからフミヤがマイクスタンドをぐるぐる回す。
立ち居振る舞いが格好良いんだよなー。
マイクのハウリングに苦戦しながらも
セットリストを進めていく。
MCはやたら下ネタが多かったような気が。
「今日は雨が降ってますけど、
 そんな時はずぶ濡れで見つめ合いましょう」とか
そんな事を言ってたと思う。笑
中盤で作詞作曲を手掛けた
『白い雲のように』のセルフカバーを披露。
更に、その後は往年の名曲『NANA』も!
最後は初期のシングル『SHOOTING STAR』で〆。
B'zに続いて、五十路ロッカーの底力見せてもらいました。


[17:00] ユニコーン
当初の予定ではEARTH TENTへ戻って
SUPER BEAVERを観ようと思ったが、
体調がまだ完全に回復していなくて
長距離の移動が厳しそうと判断し、
急遽REDのユニコーンに切り替え。
固形物もまだ喉を通らない感じがしたので
ワカバコーヒーのホットチャイで暖をとりつつ。
ここで千縁小札のドラムのカズさんと合流。
中段あたりでゆっくり観る形でスタート。

ユニコーンと言えば、
3年前のSUN STAGEで昔の曲を
殆どやらないセットリストで
ガッカリさせられた事があったので、
今回もそう期待せずに見ていたら
1曲目が『服部』。おや?
それでも中段ぐらいまでは新しめの曲が続き、
ほら、やっぱり今年もそうだよね・・・と思っていたら

『大迷惑』のイントロ来た!
何故これを3年前やらなかった!!
歓喜と興奮の『大迷惑』。

しかも、そこから『すばらしい日々』と来たもんだ。
あのイントロのギターリフの1音目が
聴こえただけでもう細胞が疼く。
そして最後に『閉店休業』で〆。
良い意味で裏切ってくれた。楽しかった!


[19:00] さかいゆう feat.福原美穂
せっかくこっち側に足を伸ばしたので
いっそBOHEMIANまで行ってしまい、
小雨の中で20分ほど待機して
さかいゆうの登場を待つ。
久保田利伸・斉藤和義と同時間帯というのもあって
まぁ人が少ない。開始時間になってから
ステージの方へ行っても余裕で最前列行けるレベル。
バンドメンバーが出てきた後
まずはさかいゆうが一人で出てきて『ストーリー』を歌う。
この曲すごく好き。もうコレ聴けただけで帰っても良かった。笑
2曲目からは福原美穂も入ってコラボ。
ボヘミアンでちゃんと聴くの久し振りの様な。
2日目の後半のカラダに優しい雰囲気。
ただ・・・ずっと小雨降ってるから寒いのよ。
天気良かったらその辺に腰掛けて
うつらうつらとなりながら最後まで聴くんだけども。
半分くらい聴いた所で会場を後にする。


[19:40] 最後のTAIRA-CREW
どうやら今年でラストらしいタイラクル。
せっかくだから見納めに行ってきた。
相変わらず入口あたりのミラーボールが
東宝映画のオープニング出ていた。


Twitter情報によれば、俺がタイラクルを後にした
30分後にTOSHI-LOWが弾き語りをして、
更にその後、細美武士がエルレの曲を歌ったとか・・・
前に木村カエラもニアミスだった事あったなぁ。
本当に相性の悪い場所だった。Candle JUNE, fxxk!!


[21:00] バッジトレード最後の悪あがき
テントで少し休んだ後、
事前に申し込んでおいた
オフィシャルグッズの会場受取
締切時間が迫っていたので
急いで受け取りに行って、
ついでにガチャガチャコーナーで追加投資。
相変わらず引きは良くなかったけど、
ここで清水ミチコとNCISも手に入れ
あとはロゴが格好良いバッジや
自分が知っているアーティストのバッジと交換して
なるべくハズレを減らしに掛かる。笑
思い通りには行かないけど
それもバッジトレードの醍醐味。


[23:10] マキシマム ザ ホルモン
そうこうしてる内に
いよいよ2日目最大のイベント、
ホルモンの出演時間が近づく。
ナヲの妊活明けで4年振りのRSR出演とあって
否が応でも期待してしまう。
しかし、4年前と同様
30分前にスタンディングの前方に行って愕然とした。
前も後ろも左もカップル。右はメガネのヒョロ男。
この人達もホルモンファンなの???
Suchmosと間違えてない???
待っている間、二人で仲良く
かっぱえびせん食う姿から
この後の地獄絵図に参加する感じが微塵も伝わらない。
まぁ良い。始まったら竜巻旋風脚で全員吹き飛ばす。

21時と共に鳴り響く轟音。登場するホルモンメンバー。
そして押し寄せる人の波、波、波。
4年前はここで後手を踏んで行き場を失い
人波に飲まれて呼吸困難になったけど、
今年はそんな事もなく。
周りの誰よりも率先して手拍子を入れ
周りの誰よりも深くヘドバンした。
この4年でホルモン愛が深まった事を実感。
またセットリストが俺作ったんじゃないかというほど
俺が好きな曲ばかりだった。
メガラバやって、maximum the hormoneやって、
「F」やって、便サンやって、包丁ハサミまで。
これにあと爪爪と糞ブレイキンあったら
もう俺の幕の内ホルモン弁当完成だわ(何だそれ

あと、メス豚とスペルマの時
2回ともサークルモッシュかましてきた。
ちょうど水溜まりを中心にしてグルグル。
もう泥はグッチャグチャだし
雨も降ってビショビショだったけど、
そこを駆け回って知らない奴とハイタッチして
好きなアーティストの歌を大声で歌う。
普段なら絶対やらないのにね、そんな事。笑
この時ばかりは雨もライブの良い演出だったなー。

無論、今年のベストアクト。


[24:00] ひたすらテント
この辺り何してたか
正直もうほとんど覚えてない。
ただ、今年は家でぐっすり寝てきたので
この時点でまだそんなに眠くなくて、
他のメンバーもこまめに仮眠とってたから
案外誰も死亡してなくて
2時過ぎとかに炭起こして
肉食べたりとかしてたような。
(ちなみにこの頃ようやく体調が回復)


[27:30] くるり
入口と逆サイドの方まで歩き、
ローソンのブースでホットカフェモカを買って
SUN STAGEの外側へ。
暖をとりつつも音楽を嗜む。
そしてカフェモカを飲み終えたら
スタンディングゾーンに進出していく。
もう毎年この行動パターンに落ち着いてきた。笑

高橋さんに「コレ聴けたら
くるりはもうOKです」と言っていた
WESNがまさかの2曲目で演奏され、
早めに満たされてしまう。
その後は割と新しめの曲主体で演奏され、
この辺で一気に眠気が襲ってくる。笑
ところが、アンコールで演奏されたのが
『ロックンロール』。一気にテンション上がる俺。
この曲、実はバンドに加入して初めて練習した曲。
その時はまだ千縁小札が出来る前で
ドラムとベースは違うメンバーだった。
結局一度もライブをする機会が無いまま
この曲と共にメンバー2人が脱退してしまったけど、
個人的な思い入れもあって好きな曲。
今年のRSRは個人的にこのアーティストなら
この曲を聴きたいという所が
ピンポイントでズバズバ聴けて良かった。


終始雨は降り続け、この時もポンチョ姿の人が目立った。


早くも来年の開催が決定。だろうけども。


空が明るくなって初めて気づく、
ホルモンの時に暴れた痕跡。


[8:00] 仮眠〜起床
2時間くらいテントで寝て
後片付けの前に朝食。


タコ焼きの余りを贅沢に入れた
インスタントラーメン。美味し。


神ニャン指導による
ラジオ体操代わりの合気道の型講座。
やっぱり今年は皆けっこう余力あったな。

今年は割とゆったりめに後片付けをしたので
時間制限ギリギリの正午近くに退場。
セコマで軽くダベって解散。


[19:00] おまけ
帰宅後、仮眠をとって
ことにパトスへ行き
銀シャリの初全国ツアーライブを観てきた。
2時間寝て起きるはずが
3時間以上爆睡してしまった結果、
開演30分前に家を出て
ギリギリ間に合うという体たらくだったので、
座席はすこぶる最後方だったけど
面白い漫才を堪能してきた。
客席のウケを見ていて
『料理のさしすせそ』ネタはやっぱり
「ボンジョビのやり口」と
「(株)野菜からベンチャー起こした」の件が
鉄板なんだなという事が判明。


------------------------------------------------


そんな訳で、最後に備忘録。


>> テントサイト券問題
B'zの参戦もあったとはいえ
ここまで泥沼化するとは思わなかった。
主催側の転売対策も至って不充分で、
来年のWESSの動向に注目しつつも
もっと先行予約段階で
援軍が欲しい所だなと思った。

>> 料理・食材
哲也の不参加で懸念されていた食事だったが、
今年の目玉だったタコ焼きとラーメンが
両方とも美味かったので
まずまず成功と言えそう。
とは言え、買ったけど
消費しきれなかった食材も多々あり
この辺は来年の買出し時に熟考すべき。

>> 自作板氷
今年試験的にやってみたが
結果として成功していた。
買出しに行って品切れで困る事もなく
お金も掛からないので
これは来年以降も継続の方向で。


そんな感じで。
今年はとにかく
ホルモンとチャランポの
4年越しの揃い踏みに尽きる。
仕事がどんどん忙しくなっていて
来年あたりそろそろ行けなくなっても
おかしくない位の雰囲気だけど、
今年この2組を観れて良かった。
ミッちゃんもね。


RSR最高!!!!


そんな訳でして。


押しノブとグレース。

8/5 Sat.

昼前に歯医者へ。
先々週のブログで書いた銀歯さんが
ようやく再装着された。
ついでに歯のチェックしてもらった所
歯科衛生士さんに
「歯茎が結構汚れていて、全体的に炎症が起きているので
 次回治療しますねー」と
屈託のない笑顔で言われてしまった。
ごめんね。そんな綺麗な瞳に汚い歯茎を見せてしまって。。

夕方から千縁小札でスタジオ練習。
今月末には毎年恒例の小樽ライブがあるので
それに向けてのセットリスト決め。
練習開始してから1年近く経って
やっと新曲が初お披露目できる段取りとなりました(拍手
遂に北海道のローカルバンドの曲をやる事になろうとは。
まぁ自分がやりたいって言い出したんだけど←
女声ボーカルをキー♭4下げという
カラオケみたいな手法をバンドでも流用。さて、どうなるやら。

夜には北海道組4人でライジングの買い出し。
0024壮行会以来に会ったけど
高橋さんもハムさんも相変わらず愉快なおじさんだった。
二人とも7つ上?とかで、
二人に出会ったのが
2011年のキャンジュリア宮殿の辺りだろうから、
もう出会った頃の高橋さんとかハムさんの
年齢になったのか。早いねぇ。

ちなみにキャンジュリアが2011.6.25だって
哲也が無許可であげてるYouTube動画で判別できた。
この頃にブログにちゃんと書いてないんだよな。
多分、この頃って一旦アカペラ辞めようとしてた時期だから
その中途半端な状態でアカペラでステージ立った事を
何となくぼかしたかったんだろうな。
可愛いぞ、俺。笑

キャンプ用品やら食材やらを吟味していたら
結構時間がかかり、サイゼリヤでご飯食べて
解散したのが2時だった。専門学生か!

------------------------------------------------------------

8/6 Sun.

夕方からルーテルホールへ。
実はこないだSNSでふと見つけた
福原美穂の新曲コーラスレコーディング公募に
なにげなく応募してみたところ
すんなり参加OKの連絡が来たので
これも一つの経験と思い、一人で馳せ参じてみた。

16:30、受付を済ませて
参加特典(?)のペットボトルの水と
A5ペラの参加証を貰って2Fホールへ。
恐らくルーテルホールに入るのは初めて。
感覚的にはサンピアザ劇場を一回り小さくしたような。
もしくはキタラの小ホールかな。
妙に芸人感のある女性スタッフの事前説明があって
本日のエンジニア担当の方がまず登場して
続いてプロデューサーのYANCYさんが登場。
今回の新曲のコンセプト説明の後に
仮ミックス段階のデモ音源を視聴、
そして福原美穂が登場。
おぉ、本当に来た!(本当に来なかったら困る
軽い挨拶と談話の後、早々にレコーディングへ。

コンデンサーマイクが4本頭上に設置されていて
それに対して3声コーラスを
主メロ→上ハモ→下ハモの順番に録音。
一遍に3声を録るんじゃなくて
1声ずつ録るので釣られる心配も無し。
参加者は見渡す限りほぼ女性で
(俺の主観では9割が女性だったと思う)、
最初は1オクターブ下げた男性キーで行こうかと思ったけど
周りから浮いちゃうかなと思って
急遽女性キーに変更。ジェントルぶってみた。
同じフレーズを8回繰り返すだけなので
何テイクか録るのかなと思ってたら
各パート2回ずつ録音して終了。早い!
それからクラップ(手拍子)オンリーの録音と
360°カメラを使って歌っている様子の
モーションオンリーの録画を1テイクずつ録って終了。
最後に着席のままで記念撮影してオールアップ。
本当に予定通り1時間ぐらいで全部終わった。

実は、座席の位置的にほぼセンターに居たので
MVやら写真やら何かしら写り込んでいないかと期待している。
ただ、この手のもので俺は一回も掲載された試しが無い!
冴えないヒゲ面は本当にこういう時に不利。
一番酷かったのは大学の頃付き合ってた元カノと
ミュンヘンクリスマス市に行ったら道新の取材を受けたけど、
翌日新聞に載った写真を見たら
アップの彼女の顔にピントが合っていて
俺は後ろの方でぼやけた姿で
辛うじて猫背でホットワインすすってる姿が
判別できる程度だったという。
(イメージ的には初期のELTのジャケ写みたいな感じ)
だから大々的には告知しないでおく。笑

最後に福原美穂本人が入口で握手して
見送ってくれるというサービス。
すごくイイ笑顔で見送ってもらった。
若干緊張してたせいか
「来週ライジング観に行くので
 よろしくお願いします」って言っちゃったけど、
これだと出演者の立場での発言だよね。
完全に観客なのに。笑
SUN STAGEの久保田利伸とどっちを観に行くか
揺れていた俺の心はこれで福原美穂に傾いた。
待ってろボヘミアン。

------------------------------------------------------------

あと4日働いたらお盆休み。
そして即ライジング。
遂に今年もこの季節が来た。

ただ今年はこの4日間が重たい...
(現在100ページ位の冊子が2つ同時進行していて、
 その半分以上の原稿を
 俺が一人で書かなきゃならない状況。
 無論、デザイナー業務も同時に通常運行中)

でも、やらなきゃ終わらんからね。
仕事ってそういうもの。

そんな訳でして。

重鎮サンダーライガー。

若干のお久し振りです。(挨拶

ここ最近本当に文章として
書き起こすような出来事が無さすぎて、
「あんまり気乗りしないなぁ」と思って
夏のイベントが近づくまで
ちょっとの間ブログお休み。
今日から再開します。って言っても
週1ペースは変わらんと思うけど。ね。

---------------------------------------------

今日から札幌競馬が開幕。
今年もアカペラー競馬部で参戦。




久保田夫妻やダイスケさんより
一足先に現地入りして、
まず観たかったのは第5レースの新馬戦。
今年のダービー馬・レイデオロの弟、
レイエンダの初陣を観戦。



さすがに注目馬のデビュー戦、
パドックも結構ヒトが多かった。
最後方からレースを進めて
ノーステッキで快勝。これは良いモノ観た。

それから他のメンバーと合流して、
ああだこうだ喋りながら
芝生の上で食べ飲みして競馬を観て。
次に観たかったのは第10レースのポプラ特別。
あのシラユキヒメ一族のマーブルケーキが出走。



可愛すぎません?(真顔
白毛の馬、初めて生で見た。
歳とった芦毛馬もこれぐらい白いけど
純然たる白毛だからなぁ。

そしてメインの第11レース。
クイーンステークスにG1馬が2頭も参戦。
その年のG1馬が2頭も出走したの初めてじゃない?
ファインモーションとテイエムオーシャンが出た年の
次くらいに豪華なクイーンSだったと思う。



馬券は安めのワイドを1回当てただけで
収支はマイナスだったけど、
今回は馬の写真を撮る方がメインだったので
良しとしましょう。

その後はトモ君が合流して
ホルモン食堂で肉を喰らい、
更に塩田さんが合流して
札駅まねきでカラオケを歌い、解散。

朝から晩までみっちり
休日を楽しんだのはいつ振りだろう。笑
それぐらい満喫した1日だった。

---------------------------------------------


そんな訳でして。

バギンガレタトー。
家でご飯を食べていたら
確実にお米の食感じゃないものを
口内で感じ取った。

-----------------------------------

あれ、もしかして異物混入?
(ちなみに食べていたのは冷凍食品のおにぎり)

これ、もしかしてニュースとかで騒がれるやつ?

あのペヤングゴキブリ学生も凄かったもんなぁ。

でも、あれもTwitter炎上と文春砲の煽りを
モロに受けて大変そうだったなぁ。

最近は、誰かをSNSで口撃した時に
無条件で口撃した側が
集中砲火を浴びる傾向があるよね。
現代人は天邪鬼気質というか
「とりあえず叩かれてる側は弱いから守ろう」という結論に
短絡的な思考で行き着くきらいがある。

-----------------------------------

ものの十秒程度で
そんな思いがぐるぐると駆け巡ったけど、
どうやらそうじゃないという事に気付く。
そして、口に出してみて確信に変わった。


いや、俺の銀歯じゃん。


左の奥歯の詰め物がペロリと取れたらしい。
昔、虫歯放置して歯がガタガタだった頃の癖で
今でもモノを噛んで食べる時
すべて左側で噛んでしまう為に、
負担が偏っているせいもあるんだろうけど。

とりあえず来週、歯医者の予約をとったので
それまでは右歯で噛む生活に耐える。
しかし、こんなにも普段と逆側で噛むのが
慣れないと思わなかった。
普段の1.2倍ぐらい食べる時間かかってそう。


そんな訳でして。