「日本の高梨、K点超えの大ジャンプ!!」「濃いめのメイクをしっかりクレンジングしてからのテレマークも綺麗に決まりましたねー」

2/17 Sat.

夜から千縁小札でスタジオ練習。
来週のライブに向けて最終調整。
木曜にヒトカラで軽く声出ししたおかげもあり
この日は途中でヘタる事なく
2時間しっかり歌い切れた。
自分のコンディションを
本番に向けて整えていけるのは
15年のキャリアの為せる業、と自分で言う。

あと、iPhoneのボイスメモだと
どうしても音割れしてしまって
演奏の録音がままならないので、
試験滴に『PCM録音』という無料アプリで
録ってみたらかなり良かった。
.WAVで録音保存できるのと
マイク感度と音質の調整が出来るのは大きい。
スマホアプリも行き着く所まで来たなぁ。本当に。

練習後、札駅近辺をプラプラしてたら
マイバード・タカハ氏から連絡が来て、
ギャンパレLive帰りのカミニャンと
3人でご飯を食べに行く事に。
1時間ぐらい議論した結果、
結局無難にラーメン横丁で
何の変哲もないラーメンを食べて、
その後すすきのミスドで
朝5時の閉店までダベる。

LINEスタンプ計画を色々と話し合ったが
2人から出てくる案が軒並みニッチ過ぎて
売れる売れない以前に
審査を通せるか否かのラインの内容ばかり。

俺はもっとポップな大人を目指そう、
と心からそう思った。

---------------------------------------------

2/18 Sun.

夕方からシオヤンズでアカペラ練習。
ハモサツ1週前という事で
いつものカラオケボックスではなく
スタジオに入っての調整。
久し振りにシーラカンス行った。
曲の方は多少危うい部分はあるものの
概ね仕上がってきたので、
ステージング面を固めながら
本番を想定した通し練習を何度か繰り返す。
ハモサツの緊張感には
毎度飲み込まれそうになるので
それをどうやって解きほぐすべきか思案中。

竿を出すか、玉を出すか(どっちも駄目な奴

---------------------------------------------

来週の土日のライブが終われば
入れ違い的に仕事が忙しくなりそうで、
世の中は本当上手く成り立っている。
なんか毎年3月ごろ繁忙期な気がする。
そして、しれっとひとつまた歳を重ねる。


そんな訳でして。

ハウエ婆さんのGLAY知恵袋。



今回のタイトル、個人的にお気に入り。
金曜にふとこのフレーズを思いついて
iPhoneのメモに残しておいたぐらい。

馬鹿か。

-------------------------------------------------

2/10 Sat.

夜から千縁小札でスタジオ練習2h。
再来週に迫った苫小牧Liveの
セットリストを確定して、通り練習を3回し。
ひと回し目が終わった頃にもう喉がカスカスで
後半はヒイコラ言いながら歌い続けた。
歌い込み不足なのは明確なので
あと2週間で何とかもう少し
歌える状態に持って行けるかなー。

スタジオにはスピーカーが3発あって
三脚付きが2発、地べたに置いてるのが1発。
試しに地べたスピーカーを
自分の足元に置いてみたらかなり歌い易くなった。
いつもギターアンプとベースアンプの音で
ボーカルがかき消されてて聴き辛かったんだなと
バンド始めて5年目で初めて気付いた。

馬鹿か。

-------------------------------------------------

2/11 Sun.

ガクと二人カラオケ。
この催しも年1の恒例行事と化してきた。

新札幌で待ち合わせて、昼飯を食べて
『ピロス』というカラオケボックスへ。
カラオケボックスのローカル店は
基本的にあんまり信用してないけど、
『ピロス』はかなりの優良店だった。
価格帯もマッシュ以外よりは安く
機種もJOYSOUND MAX2は入っていて、
地元グルメを取り入れたフードメニューとか
手づくりのPOPとか
ローカル店らしく凝っている所もあって、
店員の接客程度もかなり良かった。
新札幌に住んでたら間違いなく通い詰める。
そんな居心地の良い店で6時間ほど歌い倒した。

その後、晩飯がてら居酒屋で晩酌。
ガクとくだらない話で盛り上がるのも久し振りで
なんか新しいゲームを作ろうという話題になり、
とりあえず考えたのが
SM嬢をコンセプトにしたカードゲームで、
手札の常連客カードを増やして資金を蓄えながら
後半からその手札(=常連客)を手放していき、
最終的に手札をゼロにして
SM界から足を洗う事が出来たらあがり。
タイトルは裏稼業からの脱出を図るという意味で
『Aim the escape(エィム・ザ・エスケープ)』。
(ちゃんとタイトルにMとSを入れた)
梅酒のお湯割りをチビチビ飲みながら
そんな話を延々として解散。

馬鹿か。

-------------------------------------------------

2/12 Mon.

夕方から南部さん邸で
塩田課長お手製餃子パーティー。
一足先に来て準備を進めていた
塩田さんがつくったタネを
餃子の皮で包む作業は皆でやる事に。
餃子を包むのは生まれて初めてだったけど
こういう成形系作業(?)は得意な方なので
割とすぐに慣れてきた。でも大変だった。
俺は餃子の王将にはなれないな。
せいぜい餃子の香車止まりだと思う。

1時間後、焼き上がった餃子達は
あっと言う間に無くなった。
歯ごたえを出すのに入れているという
白滝が良い仕事をしていた。
やるじゃねぇか、Mr.ホワイトナイアガラ。

その後、デザートで出てきた
香川県産いちご「さぬきひめ」と
愛媛県産みかん「せとか」が
どっちも感動を覚えるレベルに美味かった。
そして急激に高まる四国欲。
もし俺が広末涼子と結婚してたら、
里帰りの度に四国へ行けるんだけどな。

馬鹿か。

-------------------------------------------------


そんな訳でして。

遂に「オッス、おらアイデンティティ!太田プロ所属、2004年結成の中堅芸人だ!」とセルフパロディーをやり出した野沢雅子。


2/3 Sat.

節分。なので美容室に散髪へ。
豆を撒かずに髪を切る。
古来より髪の毛一本一本に宿るとされる
人間の漆黒なる邪念を鬼と見立てて、
髪を切り落とす事により
鬼を外へと追いやる...的な言い伝えは一切無く。
ただ、月末のライブから逆算して
切り頃だと思ったから切っただけ。

夜はトモ君と炭やで焼肉。
ホルモン食堂以外で
彼と晩飯を食べるのは久し振り。
ただ、結局焼肉なのには変わり無く
別所哲也が「ハムの人」というのと同じ感覚で
彼は俺の中では「焼肉の人」という認知。
あと、焼肉昌苑のCMに出てた
謎の覆面2人組も焼肉の人(そんな一昔前のローカルCM出されても

-----------------------------------

2/4 Sun.

昼頃に起きて、昼飯代わりに
ミスドのオールドファッションと
フレンチクルーラーを食べる。
auで毎月3・13・23日に
配布するクーポンを使って
昨日無料で貰ってきたドーナツ。
買った所で200円なんだけども。
元ボンボンだけど貧乏性。それが俺。

夜はシオヤンズで歌練習。
年末のコンサートでも一度固めただけあって
だいぶ曲の方は安定感が増してきた。
シオヤンズに“安定感”なんて言葉を
使う日が来るとは
夢には思わなかったな。笑
あとは10分間のステージングを
ハモサツ用にどうパッケージするか考えるだけ。

練習後、餃子の王将で晩飯。
塩田さんが餃子好きなのもあって
塩田さんとご飯食べに行くとなると
結構な確率で王将になる。
そうなると塩田さんは今後
「餃子の人」という認識にせざるを得ない。
(ちなみに来週は塩田さんお手製餃子を食べる予定。
 もう若干、餃子の人になりに行ってる感すらある)

-----------------------------------


そんな訳でして。

対戦型のバラエティ番組で“絶対王者”と勝手に呼ばれる芸能人は、そう呼ばれ始めてから割とすぐスランプ陥りがち。


1/27 Sat.

サッポロファクトリーでやっていた
踏破型脱出アトラクション
『北斗伝説の迷宮』に挑戦。

過去『砂塵の迷宮』『碧洋の迷宮』に挑戦し、
このシリーズも今回3度目の挑戦。
過去最高難度というだけあって
多くの人が挫折したと思しきStage2で脱落。

いったん謎を持ち帰り
ファクトリーのカフェでコーヒー飲みながら
ああでもないこうでもないと
様々な可能性を捻り出して再挑戦。
結果、万策尽き果てて
やっぱりStage2で脱落。難しすぎるわ!
終了前日に行ったけど1組も成功者が居ないって
難易度の設定がおかしい。
クイズも謎解きも難しくすりゃ
良いってモンじゃないんだよ...
一時期、高校生クイズの問題難易度がやたら上がって
一気に興醒めしたのを思い出す。

夜から千縁小札でスタジオ練習。
既存曲を復習して、2月Liveのセットリスト決め。
練習後、札幌駅まで車で送ってもらい
車を降りて地下に潜り込み
ポケットを弄って異変に気づく。

スマホが無い......!!

いざ無くなると非常に困るものだと分かる。
連絡をとる術が無くなるから。
とりあえずヨドバシのauコーナーまで行って
スマホを紛失した旨を告げる。
ただ、ヨドバシは代理店なので
特に何かしてもらえる訳でもなく、
電話だけ貸してもらってauカスタマーセンターへ。
緊急停止措置をしてもらったが、
電話が見つかった際の連絡先を教えようにも
どこの番号もスマホが無いと分からない...
という事でそれは設定せずに終了。
ヨドバシで対応してくれた店員が親切で
そこでiPhoneにGPS探索アプリが
デフォルトで備わっている事を教えてもらい帰宅。
(端末側の設定をしてなかったので結局使えなかったけど)

ただ、スタジオを出る直前まで
スマホを弄ってたのは覚えてたので
恐らくスタジオか車の中だろうと予想。
帰宅度、速攻でPCを立ち上げて
FacebookのMessengerを開いたら
メンバーから「車にスマホ忘れていってるよー」と伝言。
急いで返信して取りに行く事を伝えたら
スタジオ近くの駐車場で待っていてくれたようで、
わざわざ届けてくれた。

ウチのバンマス、本当に神ですねん(謎の関西弁

後はPCから停止解除をおこなって完了。
一件落着。いやー、焦った。
財布の紛失に比べて、スマホの紛失は
こっち側のやりようが無いから大変。
いや、まぁ財布を失くしても面倒だけどね...
(10年ぐらい前に一度だけ経験有)

あと、“弄”って
「いじる」とも「まさぐる」とも読めるのね。
ついでに「もてあそぶ」もこの漢字。豆知識。

--------------------------------------------------

1/28 Sun.

POG仲間とWINSで競馬観戦。
1日中競馬を観てるのは結構久し振り。
この日は東京・京都・中京の3場開催だけど
大体ひとつの競馬場に絞って買うので
(でないと時間なさすぎて予想が間に合わない)
比較的頭数の少ないレースが
多かった京都をチョイス。
京都3Rから買い始めて4Rで
安めの3連複を当てるがその後しばらく的中なし。

気づけば14時を回っていたので
立ち食いスペースでビーフカレーを食べる。
それから調子が上向き始めて
後半ぼちぼち的中が続き、ご飯代程度稼いで終了。
ただ当てたのが東京9R・11R・12Rだったので、
午前中から東京に絞って買ってたら
もっと当たってんじゃないだろうか。
しかし、根岸Sはよくノンコノユメが差し届いてくれた。
カフジテイクとの馬連とワイドを買っていたので
カフジが2着に入っていれば
焼肉に行けるぐらいのプラスになったけど、
そこは3着王・福永祐一。
本当に大魔神の馬を降ろされて以降、
精彩を欠いている。今年あたりヤバそう。

--------------------------------------------------


そんな訳でして。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないし、火曜日にも『サザエさん』が放送されていたという事実はハナから知らない。


1/21 Sat.

シネマフロンティアへ映画を観に行く。
『ジオストーム』というハリウッド映画。
アクションを観るのも
吹替え版を観るのは相当久し振りで
楽しめるか半信半疑だったけど、
思っていたよりは面白かった。
でも、やっぱり映像で見せるタイプの映画は
内容が大味なので、個人的にはそんなに
頻繁に観たいジャンルではないと再確認。

アクション映画って
息つく間もないというか
次から次へと場面が展開していくけど、
それが逆に退屈になってくる。
映画であれ、本であれ、
観客にアレコレ想像させたり
何かに考えさせたり気づかせたりする為の
適度な“間”がある方が
ストーリーに入り込めて楽しいと思う。
頭使わずに観れる方が
良いって人向きなんだろうと思うけど。
(観ている作品数が圧倒的に少ないので
 個人的な感想なのはご了承頂きたい)

エンドロールで日本語吹替版のキャストが出て
ヒロイン役の声を担当していたのが
ブルゾンちえみだとそこで初めて知る。
そこが映画の一番の山場だった。

-----------------------------------

1/22 Sun.

数年ぶりにスーツ2着を
近所のクリーニング屋へ出しに行く。
腰の曲がった80歳ぐらいのおばあちゃんが
一人で店番をしていて、
そんなに頻繁に行く訳でもないので
毎回その超絶老婆感に圧倒される。
ハンガーとケースは不要だからと
スーツ上下をケースから取り出して
ハンガーを取り外してくれたんだけど、
いかんせん腰がビシッと折れ曲がってるから
俺なら1分位で終わるであろう
その作業に5分以上かかっていて、
挙句その間に何度もスーツを床に落とす始末。
まぁクリーニングに出すものだから
床の汚れも落ちるんだろうけど。笑
しかも、その5分の間に
「上がってくるのは水曜日の夜です」
って5回ぐらい言われた。
コントの世界の住人なんじゃないかな。
あのおばあちゃん。是非とも長生きしてほしい。

夜はシオヤンズでアカペラの練習。
実はこっそりとハモサツに応募してみたら
何とか動画選考をパスする事が出来たので、
来月末にハモサツでちょろっと歌ってきます。
5年振りになるのかな。そんなに経つのか...
キャポ大谷地は初めてなのでちょっと楽しみ。
今回エレベーターの使用予定は無いので
関係者各位にTwitterで陰口叩かれたり、
当事者不在の交流会で
ボロクソ言われる事も恐らく無いでしょう。
No Stress!! No Pressure!!

-----------------------------------


そんな訳でして。

ミスドで食い逃げして捕まると、ポン・デ・リングで出来た手錠をかけられるらしい。


1/13 Sat.

夜から千縁小札でスタジオ練習。新年1発目。
レパートリーの整理をしようという事で、
各々残したい曲を3曲ずつ選んで
あとは封印するという断捨離を断行。
17曲あったレパートリーが11曲に。
常々ライブのセットリストに組める位の出来で
やっていこうと思ったら、15曲前後が限度っぽい。
なかなかね、フルコーラスで
歌詞見ずに歌い切るって大変なのよ。
みんな一回カラオケでやってみるといいよ。
画面を見ないで歌詞を間違えずに1曲歌い切るのが
どれだけ難しいかが分かると思う。

そう、貴方はもう既に
“カラオケ歌詞テロップ依存症”かもしれない...
まぁ別に全然それで良いんだけども。

新年という事でスタジオの受付に
日本酒一升瓶と紙コップが置いてて
マジックで殴り書きした感じで
“おとそです”って貼り紙がしてあった。
おとその配布方法までRock'n'Roll。

---------------------------------------------

1/14 Sun.

特に予定が無かったので
絵を描いたり、テレビを観て
ダラダラダラダラ過ごす。

ふと鎧塚シェフとコラボした
ミスドの新作ドーナツとやらが食べたくて、
北24条のミスドに久し振りに行ってみたら
店内満席だったので退散。
夕飯前にドーナツ食う奴
なんでこんなに居るんだよ。
俺もその一人だけど。

せっかく外に出て
そのまま帰宅するのも癪だったので、
帰りがけラーメン屋で
魚介豚骨つけ麺大盛り完食してやった。
ドーナツ以上のカロリーを摂取。
あともう少し肥えたら
そろそろ俺から豚骨スープの出汁とれそうだし、
そうしたら藁・木・レンガで家を建てたり
森の中からトリュフを探したりする
スキルが身についているはず。

誰が豚まっしぐらだよ。

---------------------------------------------


そんな訳でして。

川谷絵音が現在の掃除用具が内包するジレンマやポテンシャルをストレートに表現した新曲“タワシ以外はたきじゃないの”。


1/6 Sat.

主にRSRでお世話になっている
(というか、それ以外であまり会う事が無い)
タカハ氏・ハムさん・きゃみにゃんの
愉快兄貴トリオとプチ新年会。
すすきののジンギスカン屋にて
ラムをつつきながら他愛もない話で盛り上がる。
ハムさんに今年の恋愛運を占ってもらったら
「大吉!北川景子と付き合えるよ!」と言われて、
この1年でどんな生活を送れば
既婚者で美人の芸能人と付き合えるのか
その最短ルートを知りたい気持ちでいっぱい。

------------------------------------------------

1/7 Sun.

夜から円山夜想でのLiveを観に行く。
恐らくマルノク行ったの初めて。
毎冬のコンサートでご一緒している
サックスプレイヤーのNさんの
ユニットの10周年記念ライブ。
ピアノとサックスにプラスして
客演でドラム有、ボーカル有、アコーディオン有と
バラエティに富んだ3時間だった。
アンコールで、受付をやっていた
わっきーがボイパで参加したのは驚いたけど。笑

その後、175°DENOで担々麺を食べて
まねきねこ23時からのフリータイムでカラオケ。
3人で朝の5時まで。35歳の割に頑張った。
ただ一緒にいた塩田さん(47歳)の方が
もっと頑張った。お互い今年、年男。

------------------------------------------------

1/8 Mon.

起きたら14時過ぎ。そりゃそうだ。

特に予定もなかったので
夕方ごろからいつもの宮越屋まで出向き、
おととい図書館で借りてきたばかりの
小説を一気読み。ネット予約する時に
ちゃんと確認しなかったおかげで
文庫本じゃなくハードカバーの方だったので
持ち運びには多少苦労したけど、
なかなかの当たりを引き
俺の割には早く読み終えた。
だから、帰り際に速攻返却。Bクイック炸裂。
もちろんBはBookのBだよ。

ブサイクのBって言った奴、
ケツの穴から指突っ込んで
ガタガタの奥歯を治療したろか(歯科医かよ

------------------------------------------------


明日から連勤スタートなので
明日が仕事始めという感覚。
とりあえずインフルエンザにかからないよう
気をつけたいと思います。


そんな訳でして。

捲し立て気味に年末年始を振り返り。


あけましておめでとうございます。
今年も緩々と書き綴っていきます。

-----------------------------------

12/28 Thu.

仕事納め。
午前中は仕事して、
午後から社内一斉大掃除。

18時から忘年会。
同期入社の女の子が隣に座ったので
『ラクしてお金を儲けられるか否か』
について大議論を交わした。
DTPデザイナーの魂の叫び。

1次会を終えた後、急いで
塩田さんの所の忘年会に向かい、
飛び入り参加の余興として
シオヤンズで歌ってきた。
年末のコンサート以外に
歌える場所があるのは有り難い。

-----------------------------------

12/29 Fri.

昼は久し振りのスパサフロで
1年の垢を洗い流す。
39.5℃の泡風呂が気持ちよすぎて
半永久的に浸かれる気になるけど、
そんなに浸かったら泡風呂が
俺のだし汁になるからやめとく。

夜は塩田さん達とカラオケへ。
調子に乗って5時間ぐらい居たら
通常夜料金だったので5000円位かかった。
まさかのロスト樋口。
『ろすとひぐち』が正解だけど
『くちすとひろ』にも見える不思議。

-----------------------------------

12/30 Sat.

朝7時半のバスで函館へ。
今回は高速はこだて号の
朝イチ便がとれなかったので、
ニュースター号にしたら
案の定地獄の4列シート。
ただでさえ冬場は荷物が嵩張るのに
隣にヒトがいるから窮屈で仕方ない。
毎度お馴染みの10分遅れ出発だし、
ヒーター効き過ぎて
車内に持ち込んだチョコは溶けるし、
修行のような5時間だった。
“混雑期こそ、はこだて号”だと肝に銘じる。

家に着いてからは
特にする事もないので、
実家の風呂掃除を手伝う。
洗剤が合わなかったのか
お湯がやけに手に染みてきたので
途中で終了。俺の敏感肌ぁー!

-----------------------------------

12/31 Sun.

大晦日。とは言え、
やっぱりやる事は無いので
今年も晩飯前にヒトカラへ。
2017年のカラオケ人気ランキング
上位20位をどれだけ歌えるか
試してみたところ、結果15/20曲だった。
これだけカラオケ超人を気取ってる割に
コンプリート率75%。微妙。

夜は出前の上寿司をつまみながら
今年も『ガキの使い』を延々と見続ける。
そして、ぬるりと年越し。
さして腹は減ってなかったけど
年越し蕎麦をするりと食べる。
無論ざる蕎麦で。

『ぐるナイおもしろ荘』を観ていたら
いつの間にか寝落ちしていたので
そのまま、ぬるりと就寝。

-----------------------------------

1/1 Mon.

元日。母方の親戚と久々会う。
叔父さんがなかなかの
禿げ上がり方をしていて、
自分の行く末を案じる。
新年初日から若干薄曇りな気持ちに。

それでも晩飯のカニ鍋で
だいぶ多幸感に包まれる。
カニだけにハッピーアワー(泡)。
カニだけに心を挟み撃ちされた。
カニだけに幸せが横歩きでやってきた。

いや、そんなに
カニに束縛される必要ないんだけど。

-----------------------------------

1/2 Tue.

お昼から、ゆうくんと会う。
ゆうくんの父さん母さんに会ったの
多分俺が札幌に出てきて以来初めてかも。
穏ちゃんも昨年3月に東京で見た時から
随分と大きくなっていた。
この時期の乳幼児の成長力は恐ろしい。
任天堂ぐらいの勢いがある。
それに比べたら俺の成長力なんて
もう日本物産ぐらいのものよ...

その後、小中学生の頃の
同級生の自宅に呼ばれてプチ新年会。
中学卒業ぶりに会う連中ばかりだったので
懐かしさを通り越して、
もはや瑞々しい化石を発見した気持ちだった。
でも、見た目はそれなりに老けても
訛りが混じった喋り方とかはあの頃のままで
そういうのが面白かったり。
この日帰札する予定だったので
途中で帰らなきゃならなくなったのが残念。
また集まる機会があれば良いなぁ。

急いで実家で支度し、五稜郭駅まで向かい
18時発予定のニュースター号に乗る。
そして18:10に出発。やっぱり10分遅れ。
でも、帰りは3列シートだったので快適。
ただ、後ろのおじいちゃんが
ずっとダースベイダーみたいな
呼吸をしてたのが気になった。
フォースでも覚醒したのか?

-----------------------------------

1/3 Wed.

完全なる引き篭もり。

-----------------------------------

1/4 Thu.

流石に二日続けて
引き篭もりはマズイと思ったので
札幌駅まで出掛ける。
ユニクロでヒートテックのインナーが
690円で売っていたので上下購入。
ところがタイツのサイズがMだと小さくて
履いてみたらミッチミチ。
武藤敬司みたいな状態。

完全なる武藤敬司。

-----------------------------------


そんな訳でして。

白覆面の魔王。


今年も取り立てて
予定のないクリスマスを
迎える事になったので
この土日も昨年同様に
若干早めの大掃除を敢行。

溜まっていた封筒類や段ボールを一斉処分。
キッチン廻りを入念に掃除。
トイレもがっちり掃除。
風呂場もゴシゴシ掃除。

ただ、今年も居間と寝室が
ほぼ手付かずなので(掃除機かけた程度
見た目的にはさほど変わってないけど
まぁ気持ち的にはピッカピカになったので
良しとしよう。

------------------------------

12/23 Sat.

夜からバンド練習。
千縁小札としては歌い納め。
既存レパートリーの取捨と
今後の新曲候補を考えるのが
年末の恒例行事になりつつある。
どうも今ぐらいの活動ペースだと
15曲程度が上限みたいで。
それ以上レパートリーがあると
演奏も覚束ない曲も出てくるので
鰻のタレのように継ぎ足していくのが
良いんじゃないかという結論に。
とりあえず今ある17曲の中から
1人3曲残したいのを決めるんですが、
なかなか決め切れない。悩む。

あと、最近仕事が忙しくて
歌い込み不足だったせいで
キー高めの曲がことごとく伸びなかった。
歌ってないと本当音痴になる。
いま俺がHTBマスコットになったら、
“音痴ゃん”っていう名前で
腐った八分音符みたいな記号を目にされそう。
時間が出来たらヒトカラ行きたいな。

------------------------------

12/24 Sun.

トモ君と晩飯。恐らく今年会うのは
これが最後だろうという事で
なんとなく2017年を振り返る。

喋りながら色々と考えていたけど
今年は少なくとも30代に入ってからは
一番ロクでもない年だった。断言できる。
年始早々にインフルエンザに罹って
出鼻をくじかれ、
年末は仕事が多忙な上に
多方面で周りの人達に振り回され
自暴自棄スパイラルに陥り、
ヘロヘロな状態でようやく此処まで来た。

ただ、自分の30代前半を省みる
良い機会にもなったのは確かで
自分の気力・体力とか
置かれている状況、周りの環境、
あらゆるものが変化した中、
何となく20代の頃の感覚で
20代の時と同じようなライフサイクルを
過ごしてきていたけど、
それだと結局あんまり
楽しくないというのがハッキリ分かった。
いや、楽しくない事ないんだけど
20代の時に一度辿ってきた道を
また歩いてる感じで。
見える景色を知っている分、
20代の時より楽しさが減っている様な。

2018年はもっと能動的に
活動基盤を根本的な所から変えていきたいと思う。
不要なモノは一切シャットアウトして
自分がやりたい事を突き詰めていく
環境と精神づくりとでも言えば良いんだろうか。
とにかく一言でいうなら
『ちょっと今まで違った事したい』気分。
この1ヶ月ぐらいそれを考えていて
年明けから実行していく所存でございます。

------------------------------

とりあえず諸問題が一応ひと段落して
あとは年越しを待つばかり。
心穏やかに過ごせる幸せよ...

ちなみに有馬記念は
スワーヴリチャード流しで見事に撃沈。
キタサンブラックはやっぱり素晴らしい馬。
ことごとく競馬の概念をぶち壊してきた、
現代競馬において稀有なヒーローだった。
お疲れ様でした。


そんな訳でして。

そしてひとつが終わり、そしてひとつが生まれ。

ようやくブログを書く位の時間を
確保できるようになってきた。

-------------------------------------

先日、毎年恒例の
クリスマスコンサートが無事終了。
塩田課長とSioYoung'sとして
6年目の出演を果たした。
土日はその練習と本番だった訳だが、
その前に前置きを少々。

丸谷さんに続いて
オリジナルメンバーの大西が離脱、
代わりに塩田さん・ダイスケさんと同じ
樽商グリーOBのマサルさんを招集。
更に塩田さんの会社の後輩で
アカペラ経験有のボイパ女子、
やまちも加入して
大幅リニューアルで迎えた今年。

そこで結成初年度以来の
“まともなアカペラ路線”で行く方向で固まり、
順調に練習も重ねてきた最中。
ダイスケさんがアルコールの多量摂取による
急性膵炎で緊急入院。これは想定外だった。
本番1ヶ月を切った所で
急遽4人での出演と両睨みで準備を進め、
本番5日前にダイスケさん無事退院。
再度、全員が揃ったのがコンサート前日のお話。

-------------------------------------

12/16 Sat.

夕方、今年の会場となる
六花亭札幌本店10階のきたこぶしホールへ。
マイク等のPA機材のチェックと軽いリハ。
待合せ時間に担当の方に通されて
エレベーターで10階へ。

事前に聞いていた話だと、
ラインの関係でマイクが4本までしか
使えないとの事だったので、
タディにお願いして
事前にMTRを貸してもらっていたが、
担当者にその旨を伝えると
どうにか5本使える方法があると判明。

中川(コンサート主催者)、嘘つくなよ!

マイクが5本問題なく使える事を確認して
土曜出勤あがりのやまちを拾って
アリオで5人晩飯を済ませ、
夜からスタジオで2時間半の練習。
最初に軽く声出しをした後、
ハモサツ応募用の動画を録って
後はひたすら本番で演る曲を練習。
途中からゲスト参加の曲で協力してもらう
Sax.のノリヨさんとVo.のエリさんも合流し、
更に練習。どうにか態勢は整った。

-------------------------------------

12/17 Sun.

朝9時に札駅まねきねこに集合。
1時間半だけ早朝練習をして
11時にきたこぶしホールへ。
シオヤンズのリハは12時〜だったが
何故か11時集合とアナウンスされていたので、
行ってみたものの特にやる事は無い。
一応確認したらリハまでは自由時間らしい。

中川、何の為の1時間前集合じゃい!

少し早めの昼飯を大戸屋で食べて、
戻ってからリハをこなして、
その後に全体リハにも参加。
コンサート最後に全員合唱する歌の練習。
例年シオヤンズはこの全体リハをサボって
全員で昼飯を食べに行くのが通例になっていたが、
例年なら『ジングルベル』『きよしこの夜』等
リハに出なくても歌えるような
クリスマスソングのはずが、
今年は東日本大震災チャリティーソング
『花は咲く』を歌う事になった上、
出演者全員にソロパートがあった為に
穴を開けられない状況だったので
6年目にして全体リハに初めて参加。
今年はなんて優等生だったんだろうか...

13時に本番スタート。
出演者席に座って、他の方の演奏を見守る。
ただ、やたらと会場が暑い。乾燥も凄い。
そして畳み掛けるピアノや管楽器の心地良い演奏。
寝不足の俺はひたすら睡魔と格闘。
休憩を挟んで後半の中盤ぐらいで
ようやく出番がやってくる。
以下セットリスト。

1.EnglishMan in NewYork(Sting ※basix Cover)
2.ジュリアに傷心 feat.ノリヨさん・エリさん(チェッカーズ)
3.そして、神戸(内山田洋とクールファイブ)

今年は歌の合間に朗読を挟むスタイルに。
「なんとなく3曲が繋がってる」という
塩田さんのふとした呟きを元に
朗読原稿を1週間で書き起こしてみたが、
よく考えると結構無茶苦茶だと気づく。
イギリス人をニューヨークに行かせて
ジュリアという名の女性に失恋して
その後に神戸に行かせる話を
なるべく短い文章で収めるという無理難題。
我ながらよく仕上げたと思う。

肝心の歌は乾燥にヤラレたおかげで
終始下がり気味のキーに苦戦したけど、
それでも今までのシオヤンズを考えたら
かなり上出来だったと思う。
ゲストを招いての曲披露も出来たし、
塩田さんにリードボーカルを
とってもらう事も出来たし、個人的には満足。

本番終了後、近くのお店で打ち上げ。
その頃には疲労と眠気がドッと押し寄せて
意識朦朧としながらシャンディを飲んでいた。
二次会に向かう人達を見送って一人帰宅。
20時ぐらいに寝た気がする。
(その後23時ぐらいに一旦起きたけど)

-------------------------------------


今年はとにかくやり切った。
打上げの頃、事切れたかのように
脱力したのも集中力が切れたからだと思う。

元々楽譜や練習の仕切りは
殆ど全部俺がやっているし、
それに加えて大西不在になった為に
企画構成とかパフォーマンスの事も
一人で考える事になったので
それがかなり大変だった。
更に、ダイスケさんの入院中は
4人用の楽譜を別途準備したり
元々演る予定だった曲を4人で演るのに
俺だけ別パートの音取りをしたり。

本当...よく頑張ったよ...

でも、マサルさんとやまちが入って
来年以降のシオヤンズが
ちょっと楽しみになったのも事実。
またハモサツに出たいと思える程に
レベルを引き上げられたのは大きい。
どうも冬のハモサツは競争率が高い様なので
動画選考で落とされる可能性も有り得ると思うけど、
もし受かったら頑張ります。

-------------------------------------


やっぱり俺、
アカペラ好きなんだなぁ。
それが知れて良かった。


そんな訳でして。