薄給の30代独身男。
その割には、楽しい人生。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
MacBook様がご逝去されました。
だいぶ久し振りに
スマホからの投稿です。

金曜の夜、いつもの様に
Macをペチペチやってたら、
突然プツンと表示が切れて
真っ青な画面になったまま
動かなくなりました。

その後、SMCリセットやら
PRAMクリアやら
セーフモードやらと
ネットで検索したらよく出てくる
対処法をひと通り試してもダメ。
Appleのマークが消えてから
一向に先へ進まない。

一晩経っても症状は変わらず、
やむなく修理センターに駆け込み
とりあえず診てもらってますが、
既に廃型の17インチを使っていた為に
概算で聞いた額でも
ほぼ新品を買うのと変わらない位の
修理代を払わなきゃならなそうで。
詳しい見積りが出次第ですが
買い換えも検討しようかと思っています。

それよりもデータの消失が問題で、
ちょっと前に大事なデータは
バックアップをとっておいたんですが、
タイミング悪く直近のモノは...

このブログ的な事で言えば
5年に渡り続けてきたカラオケ完唱シリーズの
記録をまとめていたExcelシートが
バックアップに含まれてるか否か。
もし、バックアップがあれば
何とか存続できそうですが、
バックアップが無ければ
過去ログを遡って全曲カウントし直しという
気の遠くなる様な作業が待ち受けているので、
残念ですが強制終了という形をとります。
まぁ大体1500曲歌えるって判ったから
もう良いよね。笑

あとは、最近制作した哲也の店のチラシとか、
密かに作ってたRSRのTシャツデザインコンペとか、
色々消えてしまったデータはあるけど
バックアップのおかげで
そこまで悲惨な状況にはならない。筈。

それよりもPCが無いと
こんなにも暇なのかと実感しております。
とりあえずあと1週間は
PCの無い生活を過ごす羽目になりそうなので、
これを機に本読んだり
映画見たりしようかなと思います。


そんな訳でして。


グゥテイタラク。

土日は何も予定なし。
だから書く事もそんなに無く。笑

そして土曜は
自宅に一日中引き篭もり達成。
どれぐらい偉業かというと
4年前の今頃にも同じようにして
ブログに書く位。
食糧も買い込んでいたし
やる事も色々あったので、
久し振りに引き篭もり決めてみた。

おかげでPOG指名馬のリストも
だいぶ出来上がってきた。
来週の日曜にはもうドラフトだもんなぁ。
今期は7期目にして初の殿負けがほぼ確定。
改めて指名馬を眺めると
よくもこんなに地雷馬ばっかり指名したなという印象。
ここ2年不振続きなので戦略から見直して。

それから、ふとRSRのTシャツ
デザインコンペの事を思い出す。
実は3年前にもこっそり応募したけど
その時は全然時間がなくて
ショボショボなのをとりあえず
送っただけみたいに終わって、
「次に応募する時はちゃんと時間をかけて作ろう!」
と思い立って早3年。
今年も締切まであまり猶予は無いけれど
ただ3年前よりも時間はあるので
ある程度納得のいく形まで持っていけたら
出してみよう。実質土日しか作業できないけど。

--------------------------------------------------


休日に家でダラダラしてると
どうしても外出したくなる衝動に駆られるけど、
家に居る時間を増やして
そろそろ行動パターンを変えてかなきゃならんなと
少し感じた次第です。30半ばで
引き篭もりに向かうのもどうかと思うけど。

ちなみにタイトルは
「ぐぅたら」と「体たらく」を合体して
何となく「グーテンターク」みたいな
造語に仕立て上げた。ただ、それだけ。


そんな訳でして。

too dry to sing。
日曜は千縁小札でlive。
10月末の博信堂以来だから
なにげに半年くらい空いたのか。
ここ1年は活動が鈍化中。

夕方、リハーサルのため会場入り。
初めてのBessie Hall。
プロのミュージシャンも使う様な所なので
名前だけは聞いた事あったけど、
実は場所を知らなくて
手稲とか厚別とかその辺の外れにあるかと
勝手に想像していたら、
あまりに街なか過ぎて驚いたな。
着いて程なくしてリハ開始。
流石にPAの質が違うというか、
段違いにいつもより歌い易い。
そもそもパート毎にPA調整やってくれる
リハ自体が久し振りだった気がする。
新曲を中心に、セットリストを軽くさらってみる。
が、ここでベッシーの最大の欠点を知る。

異様に喉が乾く!(乾燥度合いが半端ない

メンバーにも一応確認してみたし、
他のバンドのボーカルが歌っている時にも
同様の症状が見られたので、恐らくそうだと思う。
とにかく本番までマスクをしておいて
こまめに水分を摂る他ない。

出番が5組中4番目で逆リハだったので
リハが終わってから本番まで4時間空く事に。
晩飯にスープカレーを食べに行って
ノルベサのゲーセンで適当に時間を潰す。
出番前に控え室に移って軽い声出しと歌詞確認。
喉の調子は悪くないので、乾燥にどれだけ耐え得るか。

いざ本番。今回のセットリストはこんな感じ。

1.赤橙/ACIDMAN Cover
2.バクチ・ダンサー/DOES Cover
3.Wherever you are/ONE OK ROCK Cover [NEW!!]
4.きらめきの花/Nothing's Carved In Stone Cover [NEW!!]
5.Show me your height/UNCHAIN Cover

歌詞はほぼノーミス。珍しい。
1曲終わる毎に水を飲んでいたけど
それでも喉が引っ付きそうになりそうな乾燥。
声を張り上げられれば問題ないんだけど、
『Wherever〜』の歌い出しで
いつもTakaっぽい囁き歌いをしたら全然声が出ない!
困ったので結局なるべく張り上げる歌い方に切り替える。
いやー、全然バラードの良さが出ないよね。苦笑
どれぐらい凌げたかは
録画があがってきたらcheckしてみます...

---------------------------------------------

あと、こないだのB'z祭りの時に
窪田さんに指摘されて気になっているのが
“俺、実はスロースターター”説。
要するに、本調子になるまでに
ある程度歌い込みしないとならない。
喉が温まってこないというか。

昔、それこそJuggling Crewが
週1で練習やってた頃(15年くらい前)は
他のメンバーが練習始めて2時間くらい経ってから
「ようやく声出てきた」とか言ってたのを聞いて
合唱部あがりはそんなモノなのかなと
当時は解釈していた。けど多分違う。
これって結局普段から歌っているか否かの話で
当時はアカペラグループ掛け持ちして
活動していたので、常に週2で歌う機会があって
しかもライブとかバンバン出ていた頃だから
身体が常に歌う態勢になっていたんだと思う。

ところが、昨年アカペラを辞めて以降
歌うことの頻度が減っていき、
身体がもう鞭を打たないと歌う状態へ
持っていけなくなっている。
年齢的な衰えも多少あるのかもしれないし。
カラオケも行かなくなってきてるしね。
ヒトカラばっかりで飽きてきたから。
友達が居ない弊害がこういう所にも出る...

もう以前とは違うのは仕方ないので、
今のこの状態でいかに自分が
納得できる様に歌えるかを
模索していくしかない。
これ以上ヘタにならない事を祈る!

---------------------------------------------

ただ、今は気持ちがもう
3週後のPOGドラフトに向いちゃっているので
今月は競馬モードで過ごします。


そんな訳でして。

帰省虫。
5/3 Wed.

高速はこだて号の朝イチ便で函館へ。
7:50に札幌駅を出て
13:17に五稜郭駅に着くはずが
森町から大沼公園あたりまで渋滞に捕まり
1時間の到着遅れ。6時間の軟禁に耐える。

家に着いてからは
昼飯を食い、昼寝をして、
晩飯を食い、テレビを観て、
風呂に浸かり、本を読んで就寝。
わざわざ書く事でもないけれども。

----------------------------------------

5/4 Thu.

昼過ぎに母と出掛ける。
元町方面までバスに乗り、
母の知人夫婦が経営する喫茶店へ。
ロープウェイ入口の向かいに店を構える、
その名も『琲絵炉(ぴえろ)』。



手打ち蕎麦セットを注文。
旦那さんお手製の蕎麦は、
手打ちならではの短くてコシの強い蕎麦。
奥さんお手製のお稲荷さんを
特別にご馳走になり、食後にはコーヒー。
蕎麦とコーヒーって食べ合わせはともかく、
俺からしたら最高の組み合わせ。
改めて蕎麦を打てる男になりたいと心から思った。



護国神社でお参りした後、函館公園へ。
今年は高気温が続いたせいか
いつになく桜の開花が早かったので
既に桜は散りかけていたので写真無し。
でも、 函館公園自体がえらく久し振りで
遊園地のレトロな乗り物たちが
今もなお現役で頑張っているのを見て
ノスタルジックな気分に駆られた。

姉も合流して、
晩飯は回転寿司『函太郎』美原店へ。
席に着くまで30分以上待たされた挙句、
注文した寿司もことごとく待たされる。
寿司を握る職人爺の耳も遠かった様で、
「シメサバとカニミソ軍艦!」と
注文したらネギトロ軍艦だけが来た。
頼んだもの1個も来てねぇ!!
途中で食う気も失せたので10皿食べずに終了。
紙に書いて注文とった方がマシだと思ったら、
次の客には注文用紙とペンを渡していた。
何故それを俺らにも渡さないのだよ...
他の回転寿司より高い値段設定なのに。

----------------------------------------

5/5 Fri.

自転車を漕ぎ、一人で五稜郭公園へ。
実は昨日も函館公園に行った後に少し立ち寄ったが
母とスタスタ桜並木を通り過ぎて終了だったので、
のんびり散策して写真を撮って...
みたいな楽しみ方をしようと思い
2日連続で花見に洒落込んでみた。
とは言え、雲ひとつ無い快晴だった前日に比べて
この日は晴れてはいたものの
雲量の多いせいなのか
写真を撮っても今ひとつ桜の良さが出ない。
彩度が良くないというか。



ね。晴れなのに、写真だと曇って見える。
そこでPhotoshopアプリで
少し補正を加えてみる。すると、



ほら。まるで昨今の詐欺プリクラの様に
見違えるほど素敵な桜の風景写真に。
こうしてゴリゴリに補正をかけた写真を
FacebookやInstagramに載せて
皆様からの「いいね」を頂いております←

※普段FacebookやInstagramに載せている
 写真はここまで補正しないよ!本当だよ!



帰りがけ、小学生の時に
友達と遊んでいた公園で休憩。
放課後、ここの公園にあった箱ブランコで
友達数人とひたすら遊び倒したっけなぁ。
男子2人が全身を使って立ち漕ぎすると
かなりスリルのあるアトラクションに早変わりして、
そのブランコに乗りながら、こぼさないように
お菓子を食べたりジュースを飲んだりするのが
子どもながらに楽しかった記憶がある。

その後、全国で事故が相次ぎ
箱ブランコがどんどん撤去されているという
ニュースを見た事があったけど、
実際に撤去されているのを目の当たりにして
世知辛い世の中になったなと思ってしまった。
子どもの安全を考えたら
然るべき処置なんだろうけどね。何だかね。

帰宅後、焼き鳥弁当を食べて
18:26発のバスに乗って一路札幌へ。
帰りのバスでは
背後の席に座っていた
モアイみたいな顔したおばさんの咳が酷くて
非常に不愉快だった。
とろろを吸い込む時みたいな音を立てて
鼻水を啜っていたし。
明らかに風邪を引いた状態で
公共交通機関に乗る場合はマスクするのは
条例で義務化してほしい。

----------------------------------------

寿司屋と帰りのバスの一件で
ケチが付いた格好になったけど、
それ以外は概ね楽しく過ごせた。
次はシルバーウィークあたりに帰れるかな。


そんな訳でして。

泥棒猫の祝日と、競争馬の吟味。

4/29 Sat.

そういえば昭和の日。
土曜と祝日が重なると恩恵が無いから
ちっとも祝日っぽさを感じない。
そもそも本来は、みどりの日だったのにさ。
それをいつの間にやら
みどりの日を5/4に追いやって
自分はのうのうと祝日ヅラしている。
浮気相手が旦那を寝取って
正妻を追い出したみたいなイメージ。
本当にタチの悪い祝日(オンナ)だな、昭和の日。

昼間、大通で偶然千原ジュニアを見かけた。
声掛けようか迷ったけどスルー。
“近寄るなオーラ”をビンビン感じた。
あと、すっげぇ細かった。
牢獄にぶち込まれても、
鉄格子の隙間をすり抜けられそうな程。

夜は千縁小札でスタジオ練習。
ライブ直前につき、いつもより多めの3時間。
5/7にライブがあるので、
そこで演奏する曲を何回か通して練習。
ベッシーホール初めてだから楽しみだけど、
客席が全く聴く気のなさそうな
共演者ぐらいしか居ない気がして怖い。
でも、それならそれでちょっと楽しみ。
超絶アウェーの雰囲気は逆に好きだったりする。
誰も見てないし聴いてないから、
こっちも好き勝手やれるので。
よし、ちんこ出して歌ってやろうか。

え?公然わいせつ罪?
歌って出るのは「のどちんこ」に決まってるでしょうが!
そんな事考えてる脳こそがちんこだよ(どういう事だ

-------------------------------------------------------

4/30 Sun.

昼過ぎまで寝て、天皇賞を観に狸小路WINSへ。
キタサンブラックとサトノダイヤモンド
両方買ってしまったら全然配当がつかないので、
来たらゴメンナサイのサトノ外しで
キタサン軸の3連複を1000円だけ買う。
結果はキタサンブラック優勝も
サトノも3着に入り、結局ハズレ。
軸は合ってたし、2着は買ってたし、
まぁこれは致し方ない負け方。
しかし、ディープインパクトのレコード塗り替えたか。
それがディープの兄貴である
ブラックタイドの産駒だっていうんだから、
競馬というブラッドスポーツは面白い。

それからアイカフェで
いよいよ来月に迫ったPOGドラフト指名候補探しを開始。
もう今期はほぼシンガリ負け確定なので、
(ヘリファルテかインヴィクタが来週勝てば分からないけど)
切り替えて次のことを考えてた方が楽しいし。笑
近2年は低迷しているのは
血統だの厩舎だの牡牝のバランスだのと
色々考え過ぎているのが悪い気がしてきたので、
3年前ぐらいの練り方で馬をピックアップしていこうと思う。
ハープスター・ドゥラメンテを指名した
あの頃の輝きを取り戻したいです。切実に。

-------------------------------------------------------


明日と明後日頑張ったら5連休。


そんな訳でして。

そしてくたばるultra soul。
土曜はライブだった。
初めてアカペラじゃない企画バンド。
しかもB'zのコピーと来たもんだ。

事の発端は、2ヶ月くらい前に
Vinnie's Barへカラオケを歌いに行った時のこと。
ふと窪田さんに「シオってB'z歌うの?」と聞かれて
「カラオケでたまに歌いますよ」って答えたら
「今度B'zのコピー縛りで
 ライブやるから出れば良いじゃん」と誘われ
「メンバー揃えてもらえれば
 全然出ますよ!」って安請け合いしたら

いや、すぐメンバー揃えられてしまったー\(^o^)/

これで完全に逃げ場は無くなり、
Messengerで演奏曲を決めて、
練習2回でもう本番。
何故そうなるかというと
月に何本もライブに出てる人もいて、
単純にスケジュールの都合がつかないというのと、
その人達の感覚だと練習2回ぐらいで
“丁度いい”らしい。

いや、全然丁度よくないよねー\(^o^)/

2週間ぐらい仕事がクソ忙しいのも相俟って
歌詞の暗記も覚束ないまま本番に。
夕方にリハが始まって
他のバンドのリハを見ていたけど、

いや、みんなガチB'z好きばっかりじゃねぇか!\(^o^)/

選曲もファンじゃなきゃ
知らない様な曲が多いし、
歌い方が明らかに稲葉さんな人もいたし。
完全に俺だけ付け焼き刃。
しかもリハからあんまり
喉の調子も宜しくなかった上、
ここ1週間まともなメシに有りつけてなかった所に
ビニーズのハッシュドビーフパスタなんて
久し振りに美味いモノを胃に詰め込んだら
お腹をくだしてしまって、
もう何か嫌な予感しかしない。

それでも出番が来たら歌うしかないので
ステージに立つ。セットリストはこちら。

1.BAD COMMUNICATION -ULTRA Pleasure Style-
2.Easy Come, Easy Go!
3.ALONE
4.ultra soul

『BAD〜』がキー的にも難易度的にも大変だったので
ここを乗り切ればと思い、
最初からフルスロットルで行ってみた。
やっぱり本番のテンションも乗っかると
意外と悪くない。「よし!」と思っていたけれど

1曲で声が出なくなりました!\(^o^)/

いや、声は出るんだけども。
“喉が飛ぶ”というのが一番近いだろうか。
高めの音域を張らないと
もう声が出ない様な状態。
おかげで練習の時は余裕だった
『Easy〜』とか『ALONE』が全然駄目だった。

こういう状態になったのは
wollyでペニーレーンで歌った時(2010.3)と
千縁小札で初めて小樽で歌った時(2014.7)。
だから今回で3回目。
こうなる時ってもう自分の中で原因が解っていて

●あんまり自分のコンディションが良くない
●ステージの空気がアウェー状態
●嫌な流れを吹っ切る為に最初から全力で歌う

そして、喉が飛ぶ。笑

--------------------------------------

ずっと言い訳ばかり並べ立ててるけど、
結局これも自分の実力不足でしかない。
アカペラの時ならカバーできたと思う。
でも、やっぱりバンドとは勝手が違う。
まだ修行が足りんのだねぇ。
稲葉にはなれなかったなぁ。無念。

来月またライブがあるので
今度は喉が飛ばない様に気をつけます。


そんな訳でして。


「売れる画なんて、描こうと思えば多分描けるんだけどな」と先生が言い放った時、俺は心底痺れた。

4/15 Sat.

今年も4月恒例の
外山欽平先生の個展を観に行く。
ただ、毎年会場に使われていた
時計台ギャラリーが閉廊になった関係で、
今年から大丸藤井セントラル7階の
スカイホールに移動していた。
セントラルといえば、
文具とか画材を買うのに何度か訪れた事はあったけど、
その上階にギャラリースペースがあるとは知らなかった。
しかも、売場は4階まででギャラリーは7階。
5階と6階には一体何が挟まっているのか。
もし、4階と7階が
真っ黒いチョコレートクッキーだったら、
5階と6階はバニラクリーム一択なんだけど。
“大丸藤井セントラル=でっかいオレオ“説が急浮上。

展示してある画の鑑賞もそこそこに
先生の隣の椅子に座って、しばしご歓談。
今年で80歳になる先生は
ド派手なエンジ色のスニーカーを履き、
iPadで麻雀ゲームを遊びこなすパワフルな爺だけど
PC関係は一切分からないという話になり、
息子さんが勝手に登録したFacebookの話題から
各SNSの特徴とイマドキの人逹の使用法を
延々と俺が説明する流れになった。
でも、各ツールの違いとか特徴を
まったく知らない人に説明するって案外難しい。
しかも、小一時間その話をして
最終的には「ネットってよく分からない」
という結論に辿り着いた。
フレンチのフルコースを食べに行って
デザートがホームランバーだったみたいな尻すぼみ感。

19時閉店と共にギャラリーを後にして
夜の居酒屋へと繰り出した先生。
芸術を生業にしながら飄々と生きる先生は
相も変わらず素敵な爺だった。

---------------------------------------------

4/16 Sun.

1日すっぽり予定無し。
思いつきで着なくなった
古着15着くらいを
セカンドストリートまで持っていく。
買取査定を待つ間、
2階のゲオで古本を物色する。
査定終了の電話が掛かってきた頃、
ちょうど読んでみたかった小説を
何冊か見つけてしまい、
スマホでAmazonのレビューを見ながら
どれを買おうか30分ほど吟味する。
結局、伊坂幸太郎『死神の精度』と
湊かなえ『少女』の2冊だけ購入。
GW帰省の時に読んで帰る事にしよう。

晩飯もこれまた思いつきで
自宅でたこ焼きを焼く事に。
半年前に会社で貰ったチョウザメの切り身を
ムニエルにするのに買った小麦粉が
まだ大量に余っていたので
初めて小麦粉からタネを作ってみた。
山芋と卵のおかげでトロトロの仕上がりに。
20個のふた回しして丁度タネが無くなったので、
40個を平らげた。
1個のたこ焼きには1匹分の小さなタコが
込められているとして、
1匹のタコには足が8本生えていて、
足1本につき吸盤が約200個付いているらしいので
今俺の腹の中に64,000個の吸盤を収めている事に。
大丈夫かな、俺の腹。

---------------------------------------------

明日起きたらイカール星人に
なっていませんように。

そんな訳でして。


ゲスブーンしゃちょーモンキーズ。

薄い内容しか書けないけど、
まぁ一応書くだけ書いておく。

--------------------------------------

4/1 Sat.

前日26:30までの残業が祟って、
昼過ぎまで爆睡。

どうしても『まんでがん外伝』の
釜バターが食べたくなったので
昼飯はそれにする。
台湾留学生のアルバイトが
たどたどしい日本語で注文を尋ねてくる。

「釜バターひとつと」
『カマバタート...』
「あとトッピングでちくわ天を」
『ン?......アー、カシワテンデスカ?』
「いや!ちくわ天です」
『アァ、チクワテン!失礼シマシタ』

注文の聞き間違いなんて些細なこと。
すぐさま詫びを入れてくる、
その心遣いにほっこりする。

うどんを待っている間、
店内に流れるラジオを聞いていたら
ゲストのCoccoの喋りが
台湾留学生アルバイトと同じ位たどたどしくて
それにまたほっこりした。
『樹海の糸』が聴きたくなった。

それからいつもの宮越屋に行って
コーヒーを啜りながら
Macで作業したり本を読んだりした。
ユウキロック『芸人迷子』というエッセイ、
まだ途中までしか読んでいないけど
芸人という職業の儚さと格好良さが伝わる名著。
気づいたら3時間以上居座っていた。
晩飯がフレンチコーヒーになってしまった。

--------------------------------------

4/2 Sun.

サッポロファクトリーで今やっている
踏破型脱出アトラクション(と言うらしい)
『碧洋の迷宮』にどうしても挑戦したくて、
友達を引き連れてチャレンジ。
(昨年の5月にもガトキンで前Ver.を挑戦したけど
 その時は最高stage4までダメだった)

全部で7ステージあって
各ステージのアトラクションないし謎解きを
制限時間内にクリアしたら、
次のステージに進んでいくというゲーム(再挑戦可)。
ちなみに謳い文句が「脱出確率1/1000」なので
まず全部脱出するのは無理。
という事で前回以上の結果(stage5到達)を目標に設定。

待っている間に漏れ聞こえる客の声や物音から
どんな感じのアトラクションか想像する。
頭の中でシミュレーションする。完璧だ。
が、1回目、2回目とstage2で失敗。何故だ!

その様子を見かねたスタッフの人が
3回目に挑戦する前に
ぼそっとstage2のヒントをくれた。
(再挑戦を繰り返すと、たまにこういう事がある)
そして3回目はstage5まで到達。
とりあえず目標はクリア。
しかし、どうせなら全部脱出したい。
5月末まで開催しているみたいだし。
けど、stage5がなかなか難しそう。
でも、もう一回挑戦したい。

思考回路が既に迷宮。

--------------------------------------

そんな訳でして。

アタック25予選会体験記。
先日こんなハガキが届いた。



来たーーーーー!!!!!!

実は7年前にも一度受けた事があるけど
その時の事はブログに記載していなかったので、
今回の事を記録として書き綴っておきます。

------------------------------------------

朝10時、HTBテレビのエントランスに集合。
参加者はぱっと見たところ
年齢も性別もバラバラ。
アタック25フリークの幅広さを感じる。
時間になると、スタッフの方の誘導で
局の裏手にある会議室まで皆で歩く。
部屋に入った順に席を埋めていき、
席に着くとそこに
今回の受験番号(?)が書かれた紙が貼ってあり、
記念品のボールペンとアンケート用紙が置かれている。

全員の着席を確認して、
今度はアタック25の制作をしている
ABCテレビから
プロデューサーとADの方が登場。
全国の予選会を回っているらしく、
前日に仙台でおこなってきた後、
夜の飛行機で新千歳に向かって札幌入りしたとの事。
TVスタッフの努力あってこその番組制作だと思い知る。

まずADさんから簡単な挨拶。
各地で予選会を行っているのもあるだろうし、
関西人の気風もあって、ここで緊張感が解れる。
そして、ADさんの説明を受けながら
アンケートの記入を全員で1項目ずつ進めていく。
氏名・生年月日・住所・電話番号・職業・資格など
よくある基本事項を書いていった後、
後半に『好きなジャンル』『嫌いなジャンル』
『好きな音楽』『趣味・特技』を書く欄がある。
これがアンケートでの重要なポイントになる部分で
もし自分が出演するとなった際に
ここで記入した事が出題されるクイズの参考になるらしい。
だから、どんなジャンルが得意なのか、
どんな事に興味があるのか、なるべく事細かに書いた方が良い。
(俺の場合は「音楽」ではなくて「90年代の邦楽」と書いたり)
最後に自己PRを書いて、アンケートは回収。

そして、いよいよ筆記試験が始まる。
形式は記述式30問。制限時間は8分。
単純計算で1問を16秒で解かなければならないので
なかなかタイトな時間設定である。
そんなに無駄に長い問題も無ければ
ダラダラ書かなきゃならない様な答えも無いけど
全問埋めるのも至難の業だと思う。

他の予選会でも同じ問題が出題されるからか
詳しい問題内容は口外できないけど、
ジャンルとしては
前半15問が一般常識、後半15問が時事問題になる。
(クイズ好きの俺の個人的な感覚で言うと)
全体的な難易度は
正答率2、3割ぐらいじゃないかなーという様な
割と難しめな問題が多い。
でも、クイズに興味なさそうな人でも
答えられそうな易問も何問かある。
時事問題に関しては
この1週間ぐらい勉強していたけど
ヤマが当たったのは1問だけだった...。
時事問題ゾーンにも
「これも時事なのか?」という問いもあるので、
やはり基本的には
一般知識の総合力が問われる気がする。

体感2分ぐらいの8分間が終わると
解答用紙は回収されてすぐに採点に入る。
この採点の間は自由時間になり、
トイレ以外で勝手に外に出る事は出来ないが
スマホをいじるのは問題ないので
筆記試験で解けなかった問題の
解答検索をしている人が多かったと思う。
自分の手応え的には6割解けたかなという程度。
(一応答えは書いたけど自信なかった箇所を
 スマホで確認したら軒並み間違っていた)

採点が終わると、その場で速やかに
筆記試験通過者が報告される。
あまり期待せずに待っていたら
8番目くらいに名前を呼ばれて驚き。
2度目のアタックで見事筆記試験通過!
(ちなみに7年前は筆記で駄目だった)
参加者40人いて、筆記試験合格は10人。
毎回10人合格するのか、
合格ラインを超えた人が全員合格なのか、その辺は謎。
(でも、合格者の割合を考えたら
 クイズの難易度が正答率20〜30%くらいの問題というのも
 なんとなく信憑性あるんじゃないかな)
筆記試験に通らなかった人はここで解散。

筆記通過者はそのまま居残り、
その場で早速面接に入る。
......集団面接かーい!!!
てっきり個人面接なのかと思っていたので
ちょっと面食らってしまった。
ただ、面接とは言え
畏まって形式ばった様な企業のそれではなくて、
最初に1分程度の自己紹介をして、
あとは先に書いたアンケートを受けて
ABCテレビの人逹が質問をしてくるので
それに答えるという感じ。雑談に近い。
受験番号順に一人ずつ進められるので、
自分がトップバッターじゃない限り
前の人の受け答えを見て参考にすればいい。

しかし、ここまで残る人逹は
アタック25の猛者であって
番組制作のツボを心得ているからなのか、
みんなテレビで使いたくなる様な
面白いエピソードが出てくる出てくる。
俺が覚えてるだけでも...

●マラソンが趣味で、フルマラソン完走4時間切る
●プロ野球大好きで、12球団全本拠地に行った事ある
●40年振りにアタック25予選に挑戦したおじさん
●来月子どもが産まれるので、その子どもに
 自分が出演してる所を見せてあげたいという旦那さん
(身重の奥さんは予選が終わるのを
 近所の喫茶店で待っていると言ってた)
●今回予選に参加したきっかけが、
 昨年公開の映画『バースデーカード』の作中で使われた
 アタック25の放送シーンに
 自分の友達が解答者として出ていた所が
 使われたのを劇場で見たから
●自分の母親もアタック25に出演した事があるが、
 病欠の児玉清の代役で板東英二が司会を務めた
 レアな回の出演だった人

正直、普通な人がひとりも居なかった。笑
他の人のやり取りを聞いているだけで充分楽しい。
そんな感じで10人との面接が30分位繰り広げられて終了。
面接も突破した人にはまたハガキで通知が届くらしい。
ただ、ハガキが来たら即出演という訳でなく
向こう1年間の出演権が与えられるという意味合いとの事。
そこから出演者の括りなどを考慮して
番組側からの電話オファーがあって初めて出演となる。

なので、俺もまだ第1段階クリアぐらいなもので
更に第2段階(面接突破・出演権獲得)、
第3段階(電話オファー・実際に出演)と
まだハードルが2つ残っているので
そう考えると期待は薄いけど
とりあえずそんな感じです。

万が一、進展がありましたら
ここでご報告させていただきます。


そんな訳でして。

35度目の生誕記念に東京へ行ってきた。【最終日】

これを書いてる時点で
もう旅行から1週間経った。
早いわぁ。
あっと言う間に死ぬわぁ。(その考え方が早い

---------------------------------------------

朝8時半ごろ起床。

当初の予定では、哲也と共通の知人と3人で
かっぱ橋で料理器具を見て回るのに
同伴させてもらおうと思っていたが、
その知人が極度の筋肉痛で股関節バキバキになり
歩けないという連絡が入り、
急遽予定変更して新宿を散策することに。


『嵯峨谷(さがたに)』という店で朝蕎麦。
この盛り蕎麦が290円という衝撃。
そして、この度3度目の蕎麦という衝撃。
でも飽きない。


センター街の中に
突如お目見えした「思い出の抜け道」。
誰のどんな思い出なんだろう。
歌舞伎町という事を考えると
何かヤベェ奴がマズイ物を買ったり
運んだりする思い出しか想像できない。


新宿ゴールデン街に哲也。
午前中の健全な時間帯である事を差し引いても、
拭えない淫猥テイスト。
そういう街。そういう人。

それから新宿御苑の方まで歩き、
カレー激戦区の新宿で評判らしい
『草枕』で昼飯。なすチキントマトカレーを食らう。

標準より少し辛さ控えめの2番を選んだけど
それでも結構辛かった。
玉ねぎの甘みがふわっと漂った後に
スパイスの辛味と刺激が後から来る。
カレーに合う品種らしい
北海道産『大地の星』というご飯も美味かった。


新宿駅付近で桜が咲いていた。
桜が咲いたら、別れの季節。
という訳で、お店の仕込みがある哲也とここで解散。
さっきのカレーのスパイスが効きすぎたのか
ビックロのトイレに30分ほど篭った後、
どこに行こうか考える。
ただ、とりあえず昨晩からの食べ過ぎで
全然空腹が訪れないので
ビッグエコーで1時間半カラオケ。
日中で2,000円近くとられて面喰らいつつ
最後の目的地に向かう。

板橋まで足を伸ばし、
訪れた先は『ピノキオ』という喫茶店。
めっちゃ分厚いホットケーキを食べたいと思い
探してみた結果、この店に行き着いた。
ご夫婦2人で切り盛りしている為、
なかなか出てくるまでに時間がかかるが
それは半ば承知の上。
気長にケーキが出てくるのを待つ。

ドラえもんとかに出てきそうなホットケーキ。
あの最近主流の、なまっ白いパンケーキが邪道。
やっぱり焼き目の付いたホットケーキが好きだ。

横から見ると流石の厚み。
店の雰囲気と相まって
甘く懐かしい味。最後にこれが食べられて良かった。

日も暮れた頃、早めに羽田空港へと向かい
お土産を見て時間が潰す。

展望デッキからの眺め。
東京は沢山の人が居て、
その分たくさん光もある。
函館より札幌の方が夜景が綺麗だと思う
函館志民だけども、夜景の綺麗さは
人口の多さに比例するんじゃないかと
改めて思った。

第1ターミナルと第2ターミナルを
間違えるという凡ミスをして
搭乗間際にバタバタしながらも
何とか無事に札幌へ。

---------------------------------------------


最後に、おまけの話をひとつ。

※ちょっと閲覧注意という内容なので、
苦手な方は飛ばしてください。

2日目の朝。

ホテルの最寄りの馬喰町駅から
総武線快速で新橋に行き、
そこから武蔵小山を目指す算段だったが
改札をくぐってホームに抜ける途中
構内アナウンスがかかる。

『人身事故が発生しました』

ホームに着くと、
一向に出発する気配のない電車が。
何やらホームの駅員や乗客が話している。
しきりに電車の下を覗く人も。
10分ほど待っても事態が変わらないので
改札窓口の駅員に聞いて
東日本橋駅から都営浅草線に乗ることに。

JRに乗っている間、
Twitterで情報収集していると
やっぱり俺の居合わせたホームで
どうやら電車に人が飛び込んだらしい。
となると、あの停まっていた電車の下に
もしや...マジで?......

それにもなかなかのショックを受けたが
それ以上に驚いたのがTwitter上の都民の反応。
人身事故そのものよりも
馬喰町で起きたのがレアである事の方への
反応が大きい位の感じで。
人身事故に慣れすぎだろ!

今回の旅は本当に楽しかったけど、
同時にやっぱり東京は住む所じゃないなと
改めて思った次第。
俺からしたら、やっぱり
ちょっと常軌を逸している部分が多い。
俺なんかが東京に行ったら
打ちのめされて終わりそうな気がする。

---------------------------------------------

そんな訳で、
3日間の小旅行をお送りしました。
前々から計画していたおかげで
行きたいと思っていた場所にも沢山行けたし、
思いがけず沢山の人に会えた。
これまでの35年間を2泊3日の東京旅行にしたら
こうなりましたっていう感じがして、
誕生祝いとしては上出来な旅だったと思う。

また行きたいな。東京。


そんな訳でして。