薄給の30代独身男。
その割には、楽しい人生。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Thank you, my friend. | main | 駄読書感想文 - 『十角館の殺人』。 >>
my first influenza.

日曜までは普通に過ごしていた。
異変が起きたのは月曜。

どうも身体が怠い。
寝過ぎたせいかなと思って
特に気に留める事もなく
居間でテレビを見ながら様子を窺ったけれど、
どうにも一向に倦怠感は増していく。

堪りかねて体温計を脇にぶっ刺して
熱を測ってみたら37℃台半ばを指している。
これは見事に風邪だと、その時点で漸く悟り
大人しく自宅に篭って、1日を過ごす。
残っていた市販の風邪薬を飲んではみても
症状が治まる気配は無く
起きているのもしんどくなってきたので
いつもより大分早めに就寝。

が、夜中に目が覚める。
元来寝つきは良い方なので、
一度深い眠りに就いたのに
突然目が覚めた時は
大体カラダの調子が悪い時に限る。
もう一度体温を測る。39℃まで上がっていた。
以降も2時間位の浅い眠りを繰り返しては
都度、水を飲んで体温を測る。
多少の変動はあっても
38℃以下に下がる気配は無かった。

結局、火曜の朝に
会社へ連絡を入れて仕事を休む旨を告げる。
実はそこそこ忙しかったので
本当に同僚には迷惑をかけて申し訳ないと思いつつも、
39℃じゃドラッグアンドペーストも覚束ない。

電話の切り際、先輩に
「一応病院で診断を受けたら連絡ちょうだい。
 もしインフルエンザで休むってなったら
 仕事の割り振りもあるからさ」
と言われて、ハッとなった。
自分の中ではいつもの風邪だと信じきっていて
今日1日安静にしていれば
明日は普通に出社できるだろうと高を括っていた。
ただ、高熱の割には汗が出ないどころか寒気はするし、
関節痛にプラスして腰痛まで襲ってくるという症状に
いつもの風邪ではない様な予感も少しだけあった。

ともかくすぐに治すなら自己流の対処より
病院に診てもらった方が確実だと思い、
久し振りに近所の内科へ。
最初にインフルエンザかどうかを調べる為に
専用キット(長い棒で鼻の粘膜を採取するアレ)を使って
検査をしてもらい、結果が出るまで待機。
5分後、診察室に呼ばれて問診。
そこで検査が陽性反応であった事が告げられた。
「インフルエンザA型ですね」と。

おぉ...年の始めに生涯初めてのインフルですか...

インフルエンザの予防接種を受けようが
初詣のおみくじで大吉を引こうが
結局こういう事になる時はなる。
(ただ、先生には『予防接種を打ってなかったら
 もっと症状が長引くかもしれないけど』と言われた)

診断後、処方箋をもらって薬を出してもらう。
ただ、イナビルとかいう
インフルエンザの治療薬だけは
その場ですぐに服用した。そういうものらしい。
帰宅して今度は会社に診断結果を報告。
医者いわく発症後5日間は
自宅療養(=自宅謹慎)が必要との事で、
結局今週いっぱい会社を休む事になった。
この忙しい時期に申し訳ない...

流石と言うべきか、当然と言うべきか
病院で処方してもらった薬は効果覿面で
水曜で熱はグッと下がり、
木曜には大凡の諸症状は治った。
ただ、そうなると辛いのは家を出られない事。
ゼリーやらお粥やら栄養ドリンクやら
買い込んでおいた食糧を消化しながら、
ひたすらテレビ観るか本読むかファミコンやるか。
おかげでマリオ3を今日めでたくクリア!←

そんな訳で、土日を入れると
年末年始の休暇よりも長い
10日間の長期休養を頂く羽目に。
来週からは身を粉にして
働く所存でございます。


皆様もくれぐれもお気をつけて。

そんな訳でして。
スポンサーサイト
Trackback URL
http://a-merry-maker.jugem.jp/trackback/3239
TRACKBACK