薄給の30代独身男。
その割には、楽しい人生。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自分の空似。 | main | 勝手にTAXI TALK BEST3。 >>
初弁。

こないだの土曜、
暇だったから久し振りに自炊。
『マツコの知らない世界』で
平野レミが紹介していた
“ごっくんコロッケ”が気になっていたので
試しに作ってみる。
要はコロッケの材料を皿に重ねて
揚げない代わりにコーンフレークをまぶすという
非常にシンプルな料理なので
当然失敗する訳もなく。
その晩は美味しく召し上がったのだが、
なにせ4人前の分量で作ったので大量に余った。
明日も明後日もコロッケか...
何か嫌だな...

そして、ふとある考えが頭をよぎる。
「…これは弁当を作って
 会社に持っていけば良いんじゃね?」

今までずっと「料理は苦手だ」と言って
35年間生きてきた俺が
遂にお弁当を作る事になるとは。
図らずも平野レミのおかげで
弁当童貞を捨てる時が来てしまった。

と言っても、白飯の残りと
先述のごっくんコロッケの残りを
タッパーに詰めるだけ。
これでは弁当を作ったと言えない。

その時、コロッケの材料を買う時に
バラで買うより安いという理由で
カレー野菜セットとして
じゃがいも・玉ねぎを揃えた為、
人参だけが余っていた事に気づく。
そこで俺の脳内クックパッドを開き
人参メニューを急いで検索する。

※脳内クックパッドを使うと
 材料名から思い浮かぶ料理が
 瞬時に閃くが、レシピは全く分からないので
 実際のクックパッドに結局は頼る羽目になる。

そして適当に作ってみたのが
人参のきんぴら。
まぁ人参を千切りにして
ごま油で炒めて味付けりゃ完成なので
これも失敗のしようが無い。
ついでに、半額だからと買っておいた
マカロニサラダも詰めて出来上がり。

結果、弁当はタッパー3つの大容量に。
気合い入れて張り切って
弁当作ったお母さんが
ついつい作り過ぎちゃうのって
多分こんな感じなんだろう。

これぞ一大イベントゥ。


今日は長野五輪の原田雅彦ばりに
着地の汚いブログをお送りしました。


そんな訳でして。

スポンサーサイト
Trackback URL
http://a-merry-maker.jugem.jp/trackback/3251
TRACKBACK