薄給の30代独身男。
その割には、楽しい人生。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「売れる画なんて、描こうと思えば多分描けるんだけどな」と先生が言い放った時、俺は心底痺れた。 | main | 駄読書感想文 - 『芸人迷子』。 >>
そしてくたばるultra soul。
土曜はライブだった。
初めてアカペラじゃない企画バンド。
しかもB'zのコピーと来たもんだ。

事の発端は、2ヶ月くらい前に
Vinnie's Barへカラオケを歌いに行った時のこと。
ふと窪田さんに「シオってB'z歌うの?」と聞かれて
「カラオケでたまに歌いますよ」って答えたら
「今度B'zのコピー縛りで
 ライブやるから出れば良いじゃん」と誘われ
「メンバー揃えてもらえれば
 全然出ますよ!」って安請け合いしたら

いや、すぐメンバー揃えられてしまったー\(^o^)/

これで完全に逃げ場は無くなり、
Messengerで演奏曲を決めて、
練習2回でもう本番。
何故そうなるかというと
月に何本もライブに出てる人もいて、
単純にスケジュールの都合がつかないというのと、
その人達の感覚だと練習2回ぐらいで
“丁度いい”らしい。

いや、全然丁度よくないよねー\(^o^)/

2週間ぐらい仕事がクソ忙しいのも相俟って
歌詞の暗記も覚束ないまま本番に。
夕方にリハが始まって
他のバンドのリハを見ていたけど、

いや、みんなガチB'z好きばっかりじゃねぇか!\(^o^)/

選曲もファンじゃなきゃ
知らない様な曲が多いし、
歌い方が明らかに稲葉さんな人もいたし。
完全に俺だけ付け焼き刃。
しかもリハからあんまり
喉の調子も宜しくなかった上、
ここ1週間まともなメシに有りつけてなかった所に
ビニーズのハッシュドビーフパスタなんて
久し振りに美味いモノを胃に詰め込んだら
お腹をくだしてしまって、
もう何か嫌な予感しかしない。

それでも出番が来たら歌うしかないので
ステージに立つ。セットリストはこちら。

1.BAD COMMUNICATION -ULTRA Pleasure Style-
2.Easy Come, Easy Go!
3.ALONE
4.ultra soul

『BAD〜』がキー的にも難易度的にも大変だったので
ここを乗り切ればと思い、
最初からフルスロットルで行ってみた。
やっぱり本番のテンションも乗っかると
意外と悪くない。「よし!」と思っていたけれど

1曲で声が出なくなりました!\(^o^)/

いや、声は出るんだけども。
“喉が飛ぶ”というのが一番近いだろうか。
高めの音域を張らないと
もう声が出ない様な状態。
おかげで練習の時は余裕だった
『Easy〜』とか『ALONE』が全然駄目だった。

こういう状態になったのは
wollyでペニーレーンで歌った時(2010.3)と
千縁小札で初めて小樽で歌った時(2014.7)。
だから今回で3回目。
こうなる時ってもう自分の中で原因が解っていて

●あんまり自分のコンディションが良くない
●ステージの空気がアウェー状態
●嫌な流れを吹っ切る為に最初から全力で歌う

そして、喉が飛ぶ。笑

--------------------------------------

ずっと言い訳ばかり並べ立ててるけど、
結局これも自分の実力不足でしかない。
アカペラの時ならカバーできたと思う。
でも、やっぱりバンドとは勝手が違う。
まだ修行が足りんのだねぇ。
稲葉にはなれなかったなぁ。無念。

来月またライブがあるので
今度は喉が飛ばない様に気をつけます。


そんな訳でして。


スポンサーサイト
Trackback URL
http://a-merry-maker.jugem.jp/trackback/3268
TRACKBACK