薄給の30代独身男。
その割には、楽しい人生。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 泥棒猫の祝日と、競争馬の吟味。 | main | too dry to sing。 >>
帰省虫。
5/3 Wed.

高速はこだて号の朝イチ便で函館へ。
7:50に札幌駅を出て
13:17に五稜郭駅に着くはずが
森町から大沼公園あたりまで渋滞に捕まり
1時間の到着遅れ。6時間の軟禁に耐える。

家に着いてからは
昼飯を食い、昼寝をして、
晩飯を食い、テレビを観て、
風呂に浸かり、本を読んで就寝。
わざわざ書く事でもないけれども。

----------------------------------------

5/4 Thu.

昼過ぎに母と出掛ける。
元町方面までバスに乗り、
母の知人夫婦が経営する喫茶店へ。
ロープウェイ入口の向かいに店を構える、
その名も『琲絵炉(ぴえろ)』。



手打ち蕎麦セットを注文。
旦那さんお手製の蕎麦は、
手打ちならではの短くてコシの強い蕎麦。
奥さんお手製のお稲荷さんを
特別にご馳走になり、食後にはコーヒー。
蕎麦とコーヒーって食べ合わせはともかく、
俺からしたら最高の組み合わせ。
改めて蕎麦を打てる男になりたいと心から思った。



護国神社でお参りした後、函館公園へ。
今年は高気温が続いたせいか
いつになく桜の開花が早かったので
既に桜は散りかけていたので写真無し。
でも、 函館公園自体がえらく久し振りで
遊園地のレトロな乗り物たちが
今もなお現役で頑張っているのを見て
ノスタルジックな気分に駆られた。

姉も合流して、
晩飯は回転寿司『函太郎』美原店へ。
席に着くまで30分以上待たされた挙句、
注文した寿司もことごとく待たされる。
寿司を握る職人爺の耳も遠かった様で、
「シメサバとカニミソ軍艦!」と
注文したらネギトロ軍艦だけが来た。
頼んだもの1個も来てねぇ!!
途中で食う気も失せたので10皿食べずに終了。
紙に書いて注文とった方がマシだと思ったら、
次の客には注文用紙とペンを渡していた。
何故それを俺らにも渡さないのだよ...
他の回転寿司より高い値段設定なのに。

----------------------------------------

5/5 Fri.

自転車を漕ぎ、一人で五稜郭公園へ。
実は昨日も函館公園に行った後に少し立ち寄ったが
母とスタスタ桜並木を通り過ぎて終了だったので、
のんびり散策して写真を撮って...
みたいな楽しみ方をしようと思い
2日連続で花見に洒落込んでみた。
とは言え、雲ひとつ無い快晴だった前日に比べて
この日は晴れてはいたものの
雲量の多いせいなのか
写真を撮っても今ひとつ桜の良さが出ない。
彩度が良くないというか。



ね。晴れなのに、写真だと曇って見える。
そこでPhotoshopアプリで
少し補正を加えてみる。すると、



ほら。まるで昨今の詐欺プリクラの様に
見違えるほど素敵な桜の風景写真に。
こうしてゴリゴリに補正をかけた写真を
FacebookやInstagramに載せて
皆様からの「いいね」を頂いております←

※普段FacebookやInstagramに載せている
 写真はここまで補正しないよ!本当だよ!



帰りがけ、小学生の時に
友達と遊んでいた公園で休憩。
放課後、ここの公園にあった箱ブランコで
友達数人とひたすら遊び倒したっけなぁ。
男子2人が全身を使って立ち漕ぎすると
かなりスリルのあるアトラクションに早変わりして、
そのブランコに乗りながら、こぼさないように
お菓子を食べたりジュースを飲んだりするのが
子どもながらに楽しかった記憶がある。

その後、全国で事故が相次ぎ
箱ブランコがどんどん撤去されているという
ニュースを見た事があったけど、
実際に撤去されているのを目の当たりにして
世知辛い世の中になったなと思ってしまった。
子どもの安全を考えたら
然るべき処置なんだろうけどね。何だかね。

帰宅後、焼き鳥弁当を食べて
18:26発のバスに乗って一路札幌へ。
帰りのバスでは
背後の席に座っていた
モアイみたいな顔したおばさんの咳が酷くて
非常に不愉快だった。
とろろを吸い込む時みたいな音を立てて
鼻水を啜っていたし。
明らかに風邪を引いた状態で
公共交通機関に乗る場合はマスクするのは
条例で義務化してほしい。

----------------------------------------

寿司屋と帰りのバスの一件で
ケチが付いた格好になったけど、
それ以外は概ね楽しく過ごせた。
次はシルバーウィークあたりに帰れるかな。


そんな訳でして。

スポンサーサイト
Trackback URL
http://a-merry-maker.jugem.jp/trackback/3272
TRACKBACK