薄給の30代独身男。
その割には、楽しい人生。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
帰省虫。
5/3 Wed.

高速はこだて号の朝イチ便で函館へ。
7:50に札幌駅を出て
13:17に五稜郭駅に着くはずが
森町から大沼公園あたりまで渋滞に捕まり
1時間の到着遅れ。6時間の軟禁に耐える。

家に着いてからは
昼飯を食い、昼寝をして、
晩飯を食い、テレビを観て、
風呂に浸かり、本を読んで就寝。
わざわざ書く事でもないけれども。

----------------------------------------

5/4 Thu.

昼過ぎに母と出掛ける。
元町方面までバスに乗り、
母の知人夫婦が経営する喫茶店へ。
ロープウェイ入口の向かいに店を構える、
その名も『琲絵炉(ぴえろ)』。



手打ち蕎麦セットを注文。
旦那さんお手製の蕎麦は、
手打ちならではの短くてコシの強い蕎麦。
奥さんお手製のお稲荷さんを
特別にご馳走になり、食後にはコーヒー。
蕎麦とコーヒーって食べ合わせはともかく、
俺からしたら最高の組み合わせ。
改めて蕎麦を打てる男になりたいと心から思った。



護国神社でお参りした後、函館公園へ。
今年は高気温が続いたせいか
いつになく桜の開花が早かったので
既に桜は散りかけていたので写真無し。
でも、 函館公園自体がえらく久し振りで
遊園地のレトロな乗り物たちが
今もなお現役で頑張っているのを見て
ノスタルジックな気分に駆られた。

姉も合流して、
晩飯は回転寿司『函太郎』美原店へ。
席に着くまで30分以上待たされた挙句、
注文した寿司もことごとく待たされる。
寿司を握る職人爺の耳も遠かった様で、
「シメサバとカニミソ軍艦!」と
注文したらネギトロ軍艦だけが来た。
頼んだもの1個も来てねぇ!!
途中で食う気も失せたので10皿食べずに終了。
紙に書いて注文とった方がマシだと思ったら、
次の客には注文用紙とペンを渡していた。
何故それを俺らにも渡さないのだよ...
他の回転寿司より高い値段設定なのに。

----------------------------------------

5/5 Fri.

自転車を漕ぎ、一人で五稜郭公園へ。
実は昨日も函館公園に行った後に少し立ち寄ったが
母とスタスタ桜並木を通り過ぎて終了だったので、
のんびり散策して写真を撮って...
みたいな楽しみ方をしようと思い
2日連続で花見に洒落込んでみた。
とは言え、雲ひとつ無い快晴だった前日に比べて
この日は晴れてはいたものの
雲量の多いせいなのか
写真を撮っても今ひとつ桜の良さが出ない。
彩度が良くないというか。



ね。晴れなのに、写真だと曇って見える。
そこでPhotoshopアプリで
少し補正を加えてみる。すると、



ほら。まるで昨今の詐欺プリクラの様に
見違えるほど素敵な桜の風景写真に。
こうしてゴリゴリに補正をかけた写真を
FacebookやInstagramに載せて
皆様からの「いいね」を頂いております←

※普段FacebookやInstagramに載せている
 写真はここまで補正しないよ!本当だよ!



帰りがけ、小学生の時に
友達と遊んでいた公園で休憩。
放課後、ここの公園にあった箱ブランコで
友達数人とひたすら遊び倒したっけなぁ。
男子2人が全身を使って立ち漕ぎすると
かなりスリルのあるアトラクションに早変わりして、
そのブランコに乗りながら、こぼさないように
お菓子を食べたりジュースを飲んだりするのが
子どもながらに楽しかった記憶がある。

その後、全国で事故が相次ぎ
箱ブランコがどんどん撤去されているという
ニュースを見た事があったけど、
実際に撤去されているのを目の当たりにして
世知辛い世の中になったなと思ってしまった。
子どもの安全を考えたら
然るべき処置なんだろうけどね。何だかね。

帰宅後、焼き鳥弁当を食べて
18:26発のバスに乗って一路札幌へ。
帰りのバスでは
背後の席に座っていた
モアイみたいな顔したおばさんの咳が酷くて
非常に不愉快だった。
とろろを吸い込む時みたいな音を立てて
鼻水を啜っていたし。
明らかに風邪を引いた状態で
公共交通機関に乗る場合はマスクするのは
条例で義務化してほしい。

----------------------------------------

寿司屋と帰りのバスの一件で
ケチが付いた格好になったけど、
それ以外は概ね楽しく過ごせた。
次はシルバーウィークあたりに帰れるかな。


そんな訳でして。

泥棒猫の祝日と、競争馬の吟味。

4/29 Sat.

そういえば昭和の日。
土曜と祝日が重なると恩恵が無いから
ちっとも祝日っぽさを感じない。
そもそも本来は、みどりの日だったのにさ。
それをいつの間にやら
みどりの日を5/4に追いやって
自分はのうのうと祝日ヅラしている。
浮気相手が旦那を寝取って
正妻を追い出したみたいなイメージ。
本当にタチの悪い祝日(オンナ)だな、昭和の日。

昼間、大通で偶然千原ジュニアを見かけた。
声掛けようか迷ったけどスルー。
“近寄るなオーラ”をビンビン感じた。
あと、すっげぇ細かった。
牢獄にぶち込まれても、
鉄格子の隙間をすり抜けられそうな程。

夜は千縁小札でスタジオ練習。
ライブ直前につき、いつもより多めの3時間。
5/7にライブがあるので、
そこで演奏する曲を何回か通して練習。
ベッシーホール初めてだから楽しみだけど、
客席が全く聴く気のなさそうな
共演者ぐらいしか居ない気がして怖い。
でも、それならそれでちょっと楽しみ。
超絶アウェーの雰囲気は逆に好きだったりする。
誰も見てないし聴いてないから、
こっちも好き勝手やれるので。
よし、ちんこ出して歌ってやろうか。

え?公然わいせつ罪?
歌って出るのは「のどちんこ」に決まってるでしょうが!
そんな事考えてる脳こそがちんこだよ(どういう事だ

-------------------------------------------------------

4/30 Sun.

昼過ぎまで寝て、天皇賞を観に狸小路WINSへ。
キタサンブラックとサトノダイヤモンド
両方買ってしまったら全然配当がつかないので、
来たらゴメンナサイのサトノ外しで
キタサン軸の3連複を1000円だけ買う。
結果はキタサンブラック優勝も
サトノも3着に入り、結局ハズレ。
軸は合ってたし、2着は買ってたし、
まぁこれは致し方ない負け方。
しかし、ディープインパクトのレコード塗り替えたか。
それがディープの兄貴である
ブラックタイドの産駒だっていうんだから、
競馬というブラッドスポーツは面白い。

それからアイカフェで
いよいよ来月に迫ったPOGドラフト指名候補探しを開始。
もう今期はほぼシンガリ負け確定なので、
(ヘリファルテかインヴィクタが来週勝てば分からないけど)
切り替えて次のことを考えてた方が楽しいし。笑
近2年は低迷しているのは
血統だの厩舎だの牡牝のバランスだのと
色々考え過ぎているのが悪い気がしてきたので、
3年前ぐらいの練り方で馬をピックアップしていこうと思う。
ハープスター・ドゥラメンテを指名した
あの頃の輝きを取り戻したいです。切実に。

-------------------------------------------------------


明日と明後日頑張ったら5連休。


そんな訳でして。

12年越しにmixiバトンをやったら、どれだけ答えが変わっているのか。
昔mixiに“バトン”というものが
あったのをご存じだろうか。
色んなお題に即した質問を
誰からともなく振られて、
それに答えた人はまた次に回答する人を指名して
延々と繋げていくという、手の込んだ暇潰しだ。

で、俺が以前やったのが“経験バトン”。
羅列された項目を経験していたら◯、
経験していなければ×を書き加えるという
シンプルな部類のバトンだ。
これに回答したのが2005年11月の話。
まだ、大学院生だった頃だ。

それから12年が経過し、
35歳のおっさんになり、
幾らか人生経験が豊富になった俺が
今このバトンを回答したならば
どれぐらい○(つまり経験済みのもの)が増えているのか
それを検証してみようとふと思い立った。

という訳で、ここからは
当時のバトンの回答をコピペしていくが、
12年間で○に変わった項目は
分かりやすく赤字にして
若干の解説を加えていく事にする。
(ちなみに当時の回答にも○×の横に解説が少し書いてあるので
 12年前の塩谷も同時にお楽しみいただければ幸いです)


-----------------------------------------------------------


◆ルール◆
経験しているものに○、なければ×。


◆回答◆
入院:× 点滴はあるけど。
骨折:× 
献血:○ つい先日ね。
失神:× 
結婚:×
離婚:×
フーゾク:○
30までに経験しておきたいと思って、見事に済ませました。
よりによって最初の赤字ここかい。

しゃぶしゃぶ:○ ソラチしゃぶしゃぶのたれ(醤油味)が大好き。
エスカルゴ:○ イタリア行った時に食ったはず。
万引き:○ 連携プレーの釣り竿万引きは凄かったなぁ。
補導:○ 当時、中学生はゲーセン行っちゃ駄目だったので。
女を殴る:×
男を殴る:× ヘタレなんで人殴れません。
就職:○
退職:○
転職:○
まぁ12年も経てば人並みに経験するよねぇ...
当時の自分はまさかデザイナーになるなんて
知る由も無いだろうけども。

アルバイト:○ 交通量調査、ビラ投函、鍋の具材詰め、etc
海外旅行:○ オーストラリア、フランス、イタリア
ギター:○? Fとか難しいコード押さえられないけど。
ピアノ:○ 『ねこふんじゃった』は弾ける。一応少し習ってたし。
バイオリン:× 昔、親父に習うかって聞かれた事あったんですが。

メガネ:○ 13年間近眼⇒レーザー治療で視力回復
コンタクト:× コワイし。
オペラ鑑賞:×
テレビ出演:○ ローカル番組ですけどね。
パチンコ:○ あんなに非効率なギャンブル二度とやらない。多分。
競馬:○
ラグビー:×
ライヴ出演:○
合コン:○
2回とも何の成果もない、糞みたいな合コンだったよ!

北海道:○ 住んでるよ。
沖縄:× 泳ぎたい。
四国:× ぶっかけうどん食いたい。
大阪:× 阪神競馬場とNGK行きたい。
名古屋:× 味噌煮込みうどん食いたい。
仙台:× 牛タン食いたい。
漫画喫茶:×
ネットカフェ:○ この括りで行くと、経験あるのはネカフェのみ。
油絵:○ 絵画教室行ってたので。
エスカレーター逆走:○ 
フルマラソン:× 高校の時のマラソン大会(13キロほど)が最高です。
自動車運転:○
バイク運転:× 原付、ちょっと欲しい。
10キロ以上減量:○? 高2のピーク時72キロから数年後に60キロまで落ちた。
エステ:×
交通事故:○ この日記にも書いてます、2001年に2回。
電車とホームの隙間に落ちる:×
お年玉をあげる:×
ドストエフスキー:×
大江健三郎:×
ゲーテ:× 爆笑問題の本なら沢山読んだけど。
一万円以上拾う:×
一万円以上落とす:×
徹夜で並ぶ:×
金髪:×
ピアス:× 友達がウチで穴開けた時に大流血したのを見て無理と思った。
50万以上の買物:×
ローン:○? スマホの分割払いもローンといえばローン
両国国技館:○?
何年か前の社員旅行で周囲散策はしたけど
深夜だったので中は入れなかった

日本武道館:×
日清パワーステーション:×
横浜アリーナ:× この辺、道産子にはキツイ。
ラヴレターをもらう:○ 記憶が曖昧だけど、いつか貰ったような...
手術:○? どれぐらいの規模で言うのかわかりませんが。
選挙の投票:○
イヌネコを飼う:×
一目惚れ:○ 
幽体離脱:×
前世の記憶:×
ヨガ:×? 真向法という体操は一時期やってました。
OS再インストール:○ 会社のmacのos入れ替えてる
ヴォイスチャット:○ skypeとか。
先生に殴られる:×
廊下に立たされる:? あったような、無かったような。
徒競走で一位:× 純粋な速度勝負じゃ無理。
リレーの選手:○ 高校の水泳大会なら。
メルヴィル:× 作家なのね。

妊婦に席をゆずる:× 遭遇した事ないです。
他人の子供を叱る:○
20過ぎてしらふで転ぶ:○  地べたに座り込んだ事もあるし。
ジャケ買い:○ その昔、BENNIE-Kの中古CDを。
同棲:×
ストリート誌に載る:× 99%無理。
2m以上の高さから落ちる:○ フリーフォール。(反則?
ものもらい:×
学級委員長:○ 中高ずっとクラス委員でした。内申評価上げるのに。(姑息
ちばあきお:×
ちばてつや:○ 『あした天気になぁれ』は名作。
岡崎京子:○ 「ヘルタースケルター」がリバイバルされてるからね
南Q太:× 漫画家らしいですが。
恋人が外国人:× 日本人でも精一杯だって。
治験:× コワイし。part2
へそピアス:×
刺青:×
ナンパ:×
逆ナンパ:× この辺、縁のない単語が続々と。
蒙古斑:×
出産:× ダビスタぐらいです。
コミケ:×
飛行機:○
ディズニーランド:○ 
一人暮らし:○
スキー:○
スノーボード:○ 1回しか滑った事ないですが、意外と出来ました。
サーフィン:×
フジロック:× 野外フェスはRSRを1回のみ。
異性に告白:○
同性から告白される:×
留年:×
浪人:○? 公務員試験浪人を1年
喫煙:○ 中学の頃に数本だけ。
禁煙:×
酔って記憶をなくす:× その前に頭痛に襲われるので。
出待ち:○ 意外とこういうの好きなんです。
飲酒運転:×
公文式:×
進研ゼミ:○ 赤ペン先生にはお世話になりました。
結婚式に出席:○ ココ最近増えてきました。
葬式に出席:○
親が死ぬ:×
喪主:×
保証人:×
幽霊を見る:×
UFOを見る:×
先生を殴る:×
親を殴る:× 
犯罪者を捕まえる:○ 2004/10/21日記参照。
ケーキを焼く:○ 炊飯器で作るケーキに挑戦したが、パンになった。
歌舞伎:×
三島由紀夫:× 
尾崎豊:○
ビートルズ:○
怪我痕:×
スピリタス:○? いつぞや正人の家で一口舐めたなぁ
サイト運営:○ 
キセル:○? 無人駅から乗って、乗車駅を偽った事はあります。
読経:×
食中毒:○
無言電話:× イタ電はありますが。
ピンポンダッシュ:○ 団地とかやったなー、昔。
決闘:×
踊り食い:○? オーストラリアでアボリジニが食うアリを食った事あります。
同人誌:×
ドラクエ:○ 3・4・5。全クリは5のみ。
ガンダム:○ 小学生の頃。SD専門でしたけど。

-----------------------------------------------------------


【検証結果】

この12年間で、仕事に就いて
合コンを覚え、風俗も経験したけれど
あとは23歳の時と同じまま。




成長が無ぇ!!!




高2の時に72kgまで肥えてたの
すっかり忘れてた。
あと、ギター・ピアノ・喫煙の◯は
思いきり見栄を張ったなと思うけど、
そんな当時の自分が可愛いので
敢えてそのままにしておく。


そんな訳でして。


駄読書感想文 - 『芸人迷子』。
評価:
ユウキロック
扶桑社
¥ 1,300
(2016-12-08)


ハリガネロックと言えば思い出すのは
4代目爆笑オンエアバトルチャンピオンであり、
記念すべき第1回M-1グランプリの準優勝コンビ。
そんな輝かしいコンビが解散するという
ニュースを聞いた時、少なからず衝撃を受けた。
M-1ファイナリストや
オンバトチャンピオン大会出場経験者でも
ボコボコ辞めていく様な厳しい世界。
そんな中で、ハリガネロックが解散したというのは
ゼロ年代のお笑いが過去のものとハッキリ認識できた、
自分にとってのエポックメイキングな
出来事だったと言っても差し支えない。

『芸人迷子』はハリガネロックの
ボケ担当・ユウキロックの著書で、
自らの芸人人生を回顧しながら
思いの丈をありのまま書き記したノンフィクション。
2丁目劇場でのデビューから
ケンドーコバヤシとのコンビ時代、
そしてハリガネロックで戦っていった
オンバト、M-1、漫才アワード、THE MANZAIの回想が
事細かに書かれている。

ユウキロックという人は実に策士だと印象で
それは最近賞レースの開催の度に
SNSやラジオを通じて自分の見解を述べている所を見ると
本当にお笑いというものが好きで
それを分析・研究して戦略を練るというのが
好きな人なんだろうというのが解る。
品川祐や大谷ノブヒコあたりも似た印象があって、
この辺の芸人は総じて理屈臭いせいか
あまり好感度は高くない傾向はあるけれど、
個人的に好きなタイプの芸人である。

この本を読んでいて、
ユウキロックがどれだけもどかしい思いを抱えて
芸人を続けていたかが伝わってくる。
これだけお笑いの事を考えて
お笑いと向き合っても
お笑いに突き放される事もある。
そういう世界で生きる芸人はやっぱり格好良いし、
ユウキロックという人間の生き様も格好良い。

お笑いが好きな人、
特に爆笑オンエアバトルやM-1あたりから
お笑いにのめり込んだ人は必読。
『芸人交換日記』も
「相方」という特殊な関係が垣間見える
よく出来たフィクションだったけど、
『芸人迷子』は
「お笑い」という職業の過酷さと難しさ、
そこで戦い続ける芸人の生き様がよく解る
ドキュメンタリーなノンフィクションだ。
心えぐられる程に読んでて惹きつけられたよ。

無論、星5つで。


そしてくたばるultra soul。
土曜はライブだった。
初めてアカペラじゃない企画バンド。
しかもB'zのコピーと来たもんだ。

事の発端は、2ヶ月くらい前に
Vinnie's Barへカラオケを歌いに行った時のこと。
ふと窪田さんに「シオってB'z歌うの?」と聞かれて
「カラオケでたまに歌いますよ」って答えたら
「今度B'zのコピー縛りで
 ライブやるから出れば良いじゃん」と誘われ
「メンバー揃えてもらえれば
 全然出ますよ!」って安請け合いしたら

いや、すぐメンバー揃えられてしまったー\(^o^)/

これで完全に逃げ場は無くなり、
Messengerで演奏曲を決めて、
練習2回でもう本番。
何故そうなるかというと
月に何本もライブに出てる人もいて、
単純にスケジュールの都合がつかないというのと、
その人達の感覚だと練習2回ぐらいで
“丁度いい”らしい。

いや、全然丁度よくないよねー\(^o^)/

2週間ぐらい仕事がクソ忙しいのも相俟って
歌詞の暗記も覚束ないまま本番に。
夕方にリハが始まって
他のバンドのリハを見ていたけど、

いや、みんなガチB'z好きばっかりじゃねぇか!\(^o^)/

選曲もファンじゃなきゃ
知らない様な曲が多いし、
歌い方が明らかに稲葉さんな人もいたし。
完全に俺だけ付け焼き刃。
しかもリハからあんまり
喉の調子も宜しくなかった上、
ここ1週間まともなメシに有りつけてなかった所に
ビニーズのハッシュドビーフパスタなんて
久し振りに美味いモノを胃に詰め込んだら
お腹をくだしてしまって、
もう何か嫌な予感しかしない。

それでも出番が来たら歌うしかないので
ステージに立つ。セットリストはこちら。

1.BAD COMMUNICATION -ULTRA Pleasure Style-
2.Easy Come, Easy Go!
3.ALONE
4.ultra soul

『BAD〜』がキー的にも難易度的にも大変だったので
ここを乗り切ればと思い、
最初からフルスロットルで行ってみた。
やっぱり本番のテンションも乗っかると
意外と悪くない。「よし!」と思っていたけれど

1曲で声が出なくなりました!\(^o^)/

いや、声は出るんだけども。
“喉が飛ぶ”というのが一番近いだろうか。
高めの音域を張らないと
もう声が出ない様な状態。
おかげで練習の時は余裕だった
『Easy〜』とか『ALONE』が全然駄目だった。

こういう状態になったのは
wollyでペニーレーンで歌った時(2010.3)と
千縁小札で初めて小樽で歌った時(2014.7)。
だから今回で3回目。
こうなる時ってもう自分の中で原因が解っていて

●あんまり自分のコンディションが良くない
●ステージの空気がアウェー状態
●嫌な流れを吹っ切る為に最初から全力で歌う

そして、喉が飛ぶ。笑

--------------------------------------

ずっと言い訳ばかり並べ立ててるけど、
結局これも自分の実力不足でしかない。
アカペラの時ならカバーできたと思う。
でも、やっぱりバンドとは勝手が違う。
まだ修行が足りんのだねぇ。
稲葉にはなれなかったなぁ。無念。

来月またライブがあるので
今度は喉が飛ばない様に気をつけます。


そんな訳でして。


「売れる画なんて、描こうと思えば多分描けるんだけどな」と先生が言い放った時、俺は心底痺れた。

4/15 Sat.

今年も4月恒例の
外山欽平先生の個展を観に行く。
ただ、毎年会場に使われていた
時計台ギャラリーが閉廊になった関係で、
今年から大丸藤井セントラル7階の
スカイホールに移動していた。
セントラルといえば、
文具とか画材を買うのに何度か訪れた事はあったけど、
その上階にギャラリースペースがあるとは知らなかった。
しかも、売場は4階まででギャラリーは7階。
5階と6階には一体何が挟まっているのか。
もし、4階と7階が
真っ黒いチョコレートクッキーだったら、
5階と6階はバニラクリーム一択なんだけど。
“大丸藤井セントラル=でっかいオレオ“説が急浮上。

展示してある画の鑑賞もそこそこに
先生の隣の椅子に座って、しばしご歓談。
今年で80歳になる先生は
ド派手なエンジ色のスニーカーを履き、
iPadで麻雀ゲームを遊びこなすパワフルな爺だけど
PC関係は一切分からないという話になり、
息子さんが勝手に登録したFacebookの話題から
各SNSの特徴とイマドキの人逹の使用法を
延々と俺が説明する流れになった。
でも、各ツールの違いとか特徴を
まったく知らない人に説明するって案外難しい。
しかも、小一時間その話をして
最終的には「ネットってよく分からない」
という結論に辿り着いた。
フレンチのフルコースを食べに行って
デザートがホームランバーだったみたいな尻すぼみ感。

19時閉店と共にギャラリーを後にして
夜の居酒屋へと繰り出した先生。
芸術を生業にしながら飄々と生きる先生は
相も変わらず素敵な爺だった。

---------------------------------------------

4/16 Sun.

1日すっぽり予定無し。
思いつきで着なくなった
古着15着くらいを
セカンドストリートまで持っていく。
買取査定を待つ間、
2階のゲオで古本を物色する。
査定終了の電話が掛かってきた頃、
ちょうど読んでみたかった小説を
何冊か見つけてしまい、
スマホでAmazonのレビューを見ながら
どれを買おうか30分ほど吟味する。
結局、伊坂幸太郎『死神の精度』と
湊かなえ『少女』の2冊だけ購入。
GW帰省の時に読んで帰る事にしよう。

晩飯もこれまた思いつきで
自宅でたこ焼きを焼く事に。
半年前に会社で貰ったチョウザメの切り身を
ムニエルにするのに買った小麦粉が
まだ大量に余っていたので
初めて小麦粉からタネを作ってみた。
山芋と卵のおかげでトロトロの仕上がりに。
20個のふた回しして丁度タネが無くなったので、
40個を平らげた。
1個のたこ焼きには1匹分の小さなタコが
込められているとして、
1匹のタコには足が8本生えていて、
足1本につき吸盤が約200個付いているらしいので
今俺の腹の中に64,000個の吸盤を収めている事に。
大丈夫かな、俺の腹。

---------------------------------------------

明日起きたらイカール星人に
なっていませんように。

そんな訳でして。


蓮舫を擁護する訳ではないけれど。
この土日は何か色んな事を考えてた。
と言っても、此処に書くのも
憚られるような事なので詳細は割愛するけど。
まぁ平たく言うと金と女とギャンブルについて。笑
世の中なんだか愉しくて寂しい事だらけだね。

それだけで終わるのも忍びないので、
別の話をちょろっと。

---------------------------------------------

土曜の昼過ぎの話。
どこかで本が読みたいと思い、
いつもの宮越屋珈琲に次ぐ
第2お気に入りの喫茶店である
上島珈琲店(札幌駅地下)へ行こうと思ったら生憎の満席。
仕方ないので久し振りにドトールに行く事に。
禁煙席も確保でき、
ミルクレープとコーヒーのセットを注文。
寛ぎのひとときを得る事が出来た。
しかし550円でケーキとコーヒー頼めるとは。流石。

さて、自分の中に数多ある法則のひとつに
“2番手選択の法則”というのがある。(命名は今適当に考えた
例えば、札幌駅のコーヒーショップなら
スタバよりドトールを選ぶ。
スタバの混雑状況は通り掛かりに見ていても辟易するし、
コーヒーの割高感が半端ない。(個人的主観
となると、同じような値段を出して
ミルクレープのセットが注文できて
席に着ける可能性の高い
ドトールの方に魅力を感じる訳だ。
勿論、混雑状況=客の多さと捉えたら
1番人気がスタバなのは間違いない。
でも、敢えて2番手のドトールに食指が動く。

話は変わって数年前。
「depArture」という後輩のアカペラグループに
ハモネプ出場の際に規定1分半の曲を
何曲か編曲してあげた事があるが、
その時も“二番手選択の法則”を引用した。
まず、書類審査用に作ったのが中森明菜『ミ・アモーレ』。
同じレコード大賞受賞曲にもかかわらず
『DESIRE』の陰に隠れてる感が否めない名曲。
(DESIREの時の衣装と「はーどっこい」のインパクトが強いからか?)
そして、最終予選用に作ったのが倖田來未『Butterfly』。
これもやはり世間的に『キューティーハニー』が有名すぎて
彼女のオリジナル曲の中では有名なのに“2番手感”が凄い。

ハモネプは出場決定後に各グループとの兼ね合いで
曲変更を余儀なくされる事もあるという話を聞いた。
ボーカルのイメージを考慮して
中森明菜と倖田來未の曲を作りたいというのを
最初に決めてはいたけれど、
そこで『DESIRE』や『キューティーハニー』を選ぶと
他のグループと被ってしまう危険性が出てくる。
でも、あまりにマニアックな曲だと
仮にアカペラとして完成度が高くても
テレビコンテンツとして魅力が薄いと判断されて
弾かれてしまうかもしれない。
そこで最も収まりが良いのが、
「そのアーティストの中で世間的に
 2番目くらいに知名度の高い曲を選ぶ」という事になる。
この選曲が功を奏したのかは知らないが
(確か)4回目の挑戦でdepAtureは
初めて書類審査を突破し、最終予選まで駒を進めた。

(ちなみにこのハモネプ最終予選の顛末記は、
 2010年8月13〜16日のブログに書き記しているので
 暇な方だけ読んでみてください。ただの旅行記だけど)

何か欲しいものがある場合に
そのメーカーの中で2番目に売れ筋の商品を選んだり、
2番目に安い物を選んだりする等
この法則は様々な場面で応用できるし、
これに倣って選択すれば経験上失敗が少ない気がする。

ぜひ覚えておいてください。2番手選択の法則。

---------------------------------------------


なんかまた寒くなりそうな気配。
北海道の春はまだか。


そんな訳でして。

カラオケ1500曲完唱への道163

[日時] 2017/3/20(月) 13:15-14:45

[人数] 1人

[歌唱曲] 13曲
1.ゴールデンタイムラバー(7)/スキマスイッチ
2.ALONE/B’z
3.さくら(5)/ケツメイシ
4.only my railgun(8)/fripSide
5.Oh Yeah!!!!!!!/Czecho No Republic
6.Tank-top of the world/ヤバイTシャツ屋さん
7.Dream Fighter/Perfume
8.かなしみ(2)/チャラン・ポ・ランタン
9.優しい歌(2)/Mr.Children
10.真夜中のダンディー(2)/桑田佳祐
11.巡恋歌/長渕剛
12.シリョクケンサ(6)/40mP feat.GUMI
13.STAY TUNE(2)/Suchmos

[備考]
●35歳最初のカラオケは東京で。
 新宿ビッグエコーの半ばボッタクリ料金にもめげず。
 (昼間に1時間半で2,000円近くとられた…)
●1300曲にも及ぶと、数年前は歌えたけど
 今は危うそうなのも何曲かある気がする。
 が、それを洗い出してたら終わりが見えないので
 1500曲到達したら振り返ってみようじゃないか。

【累計歌唱曲数】1343曲(のべ2902曲)

ゲスブーンしゃちょーモンキーズ。

薄い内容しか書けないけど、
まぁ一応書くだけ書いておく。

--------------------------------------

4/1 Sat.

前日26:30までの残業が祟って、
昼過ぎまで爆睡。

どうしても『まんでがん外伝』の
釜バターが食べたくなったので
昼飯はそれにする。
台湾留学生のアルバイトが
たどたどしい日本語で注文を尋ねてくる。

「釜バターひとつと」
『カマバタート...』
「あとトッピングでちくわ天を」
『ン?......アー、カシワテンデスカ?』
「いや!ちくわ天です」
『アァ、チクワテン!失礼シマシタ』

注文の聞き間違いなんて些細なこと。
すぐさま詫びを入れてくる、
その心遣いにほっこりする。

うどんを待っている間、
店内に流れるラジオを聞いていたら
ゲストのCoccoの喋りが
台湾留学生アルバイトと同じ位たどたどしくて
それにまたほっこりした。
『樹海の糸』が聴きたくなった。

それからいつもの宮越屋に行って
コーヒーを啜りながら
Macで作業したり本を読んだりした。
ユウキロック『芸人迷子』というエッセイ、
まだ途中までしか読んでいないけど
芸人という職業の儚さと格好良さが伝わる名著。
気づいたら3時間以上居座っていた。
晩飯がフレンチコーヒーになってしまった。

--------------------------------------

4/2 Sun.

サッポロファクトリーで今やっている
踏破型脱出アトラクション(と言うらしい)
『碧洋の迷宮』にどうしても挑戦したくて、
友達を引き連れてチャレンジ。
(昨年の5月にもガトキンで前Ver.を挑戦したけど
 その時は最高stage4までダメだった)

全部で7ステージあって
各ステージのアトラクションないし謎解きを
制限時間内にクリアしたら、
次のステージに進んでいくというゲーム(再挑戦可)。
ちなみに謳い文句が「脱出確率1/1000」なので
まず全部脱出するのは無理。
という事で前回以上の結果(stage5到達)を目標に設定。

待っている間に漏れ聞こえる客の声や物音から
どんな感じのアトラクションか想像する。
頭の中でシミュレーションする。完璧だ。
が、1回目、2回目とstage2で失敗。何故だ!

その様子を見かねたスタッフの人が
3回目に挑戦する前に
ぼそっとstage2のヒントをくれた。
(再挑戦を繰り返すと、たまにこういう事がある)
そして3回目はstage5まで到達。
とりあえず目標はクリア。
しかし、どうせなら全部脱出したい。
5月末まで開催しているみたいだし。
けど、stage5がなかなか難しそう。
でも、もう一回挑戦したい。

思考回路が既に迷宮。

--------------------------------------

そんな訳でして。

カラオケ1500曲完唱への道162


[日時] 2017/3/16(木) 20:45-22:45

[人数] 1人

[歌唱曲] 16曲
1.STAY TUNE/Suchmos
2.夜にしか咲かない満月(2)/ONE OK ROCK
3.あつまれ!パーティーピーポー/ヤバイTシャツ屋さん
4.BAD COMMUNICATION-ULTRA Pleasure Style-/B’z
5.Automatic/宇多田ヒカル
6.Love Love Love(2)/平井堅
7.Chase the Chance/安室奈美恵
8.FUNKASTIC(4)/RIP SLYME
9.POP STAR(4)/平井堅
10.カナシミブルー(3)/KinKi Kids
11.OH!!POP STAR(2)/チェッカーズ
12.今夜はブギー・バック(nice vocal)(4)/小沢健二 featuring スチャダラパー
13.気分上々↑↑(5)/mihimaruGT
14.プカプカ/西岡恭蔵
15.時代(2)/中島みゆき
16.ひとり (3)/The Gospellers

[備考]
●35歳を目前に控えてのヒトカラ。こんな歳になっても
 未だ衰えぬカラオケ熱に自分でも少し戸惑う。
 将来はカラオケバーでも経営してやろうか。
●でも、今はSuchmosみたいな
 流行歌にもまだついていけてるし、
 西岡恭蔵のようなオールディーズを歌っても
 それなりに格好がつく。歌をやるには
 実は一番丁度いい時期なのかなと感じる。

【累計歌唱曲数】1338曲(のべ2889曲)